雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 国土交通省庁が保有しコンセッションで民間事業者が整備・運用するバスターミナル



先週、神戸市より建物内に整備される三宮図書館や大小の文化ホールのイメージが発表されたばかりの雲井通5丁目再開発バスターミナルI期ビルの建設現場の様子です。



地中障害物撤去が終わり、約1ヘクタールに及ぶ敷地全体で大規模な掘削工事が進行しています。



特にこれまでも工事が先行してきた北側は奥深く掘削が進んでいます。



建物は地下3階まである構造の為、更なる掘削が開始されています。山留を補強する鋼材の切梁も2段階に渡っています。



東側は山留に段差が設けられています。東端は地下2階までなのでしょうか。



後発の南側も同様に掘削が開始されています。山留構築も終わっています。



中央に乗り入れ構台を支える支柱の鋼材。これで周囲を地下3階まで掘り下げられらのでしょうか。少し心許ない気もします。

敷地の大きさから鉄骨工事が開始されると壮大なスケールに及ぶ事になります。タワークレーンも最低4機は必要になるでしょう。もしかしたらそれ以上の数になる可能性もあります。



バスターミナルはまずI期ビル内に5バースを整備する予定です。II期の雲井通6・現OPA2には7バースの合計12バースが乗車専用として新設されます。既存のミント神戸内の三宮バスターミナルは降車専用として活用が継続されるので、中長期バスターミナルは全体で20近いバース数を確保する事になります。



ミント神戸北側の市バスターミナルはこの再編によってテコ入れは入るのでしょうか。

中長期バスターミナルの集約は悲願ですが、市バスの停留所・ターミナルの散らばり具合もかなりのもので、神戸市民も積極的に活用するのは簡単ではないかと思います。中長距離ターミナルの集約に伴い、空いてくるバス乗り場を上手く活用し、市バスについても分かりやすく整理して欲しいものです。



雲井通再開発の北西角の仮囲いに設置されたビジョンでは画質は荒めで反射が強く写真は撮りにくいですが、三宮VISIONによる三宮再整備のコンテンツを放映しています。この中にバスターミナルビル内の未公開イメージが幾つか登場します。階段・吹き抜けの待合空間やターミナル内の店舗の様子等も見受けられました。イメージは階段を下から見上げる形で描かれたものでした。



I期ビル内の平面図では確認できなかった階段吹き抜けはやはりII期ビルが完成し段階で、実現する模様です。是非ともこのままの姿で見てみたいです。国内のバスターミナルはいずれも鉄道駅や空港のような色気がありません。三宮はその先駆者になって欲しいと思います。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事が進捗し、縮小を始めた街区内既存建物群 II期計画の概要検討開始も必要性を帯びる

2023年1月8日
こべるん ~変化していく神戸~
今年7月の本格着工を目指して既存建物の解体撤去工事が進む雲井通5丁目再開発地区。昨年5月から一部の建物の解体準備がスタートしてから早 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパル・勤労会館・総合庁舎の解体撤去工事に着手

2022年9月30日
こべるん ~変化していく神戸~
来年10月より新築建物の建設工事に着手する為、街区内の既存建物の解体撤去が本格的に進められている雲井通5丁目再開発地区。サンパル、勤労会 …
雲井通5・6丁目再開発

三宮駅周辺の中・長距離バス乗降場の集約にかかる基本計画アドバイザー募集の結果公表

2017年3月29日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市が雲井通5-6丁目で計画しているバスターミナルを併設した再開発ビルプロジェクトに関し、昨年より基本計画策定未に向けて民間アドバイザーを …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 最新図面から読み解く再開発ビルの詳細 Part1

2024年1月9日
こべるん ~変化していく神戸~
昨年9月に起工式を執り行い、現在既にビル本体の建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。昨年末に、再開発ビル …
雲井通5・6丁目再開発

新・三宮バスターミナルは国営施設に 国交省の主導でバスタ整備を全国で強化 年度末までに事業計画案はとりまとめられるか?

2020年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発事業によって建設が予定されている超高層複合ビルの低層部に開設されるバスターミナルですが、この床を国土交通省近畿整備局が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 街区の完全更地化はもう目前 この再開発によって都心軸は東へと移動するのか

2023年6月5日
こべるん ~変化していく神戸~
今夏7月より再開発ビル本体の建築工事を開始予定の雲井通5丁目再開発。約1ヘクタールの開発用地誕生まで秒読みに入りました。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です