雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 遂に工事名称に新築工事が加わる 6丁目北地区の動向にも要注目



起工式から早くも2ヶ月が経過した雲井通5丁目第一種再開発事業地区。約1ヘクタールに及ぶ更地は全体が掘り下げられ、多くの重機が稼働しています。



基礎工事が継続しているので、丸五基礎工業の重機がが活躍しています。



仮囲いの工事名称も遂に「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業に係る地下躯体及び施設建築物新築工事」への変更されました。



現在はまだ既存建物の地中障害物解体撤去が進行中です。オールケーシング工法によって、40年以上前に構築された再開発ビルのサンパルの杭等を撤去しています。



街区内にあった4棟の建物の地中障害物の撤去が完了し次第、新築ビルの杭構築が始められる予定です。工法はオールケーシング式拡底杭でしょうか。



雲井通5丁目再開発地区は、隣接し同じく再開発が進められる計画の雲井通6丁目北地区、そして再開発が完了済みの雲井通7丁目のミント神戸市の3地区を合わせて、「三宮East」として、連携してにぎわい造りを進めていく予定です。



解体工事の奥に並ぶサンシティを中心とした建物群。雲井通6丁目北地区市街地再開発準備組合が7月に設立されており、サンシティ内に事務局が置かれています。予定では、7月から事業協力者を公募・選定し、今冬にはこれを決定する計画です。



5丁目の開発を進めている三菱地所を代表としたコンソーシアムが、6丁目事業も手掛けるのが順当ですが、バスターミナルや中ホールを設ける以外の用途はまだはっきりしておらず、ツインタワー化した際に中高層部にどのようか機能を与えるのか、基壇部には5丁目よりも規模の大きな商業フロアを整備するのか等、多機能の5丁目に対し、より駅に近い立地にある6丁目の活用は、三宮Eastの行末を大きく左右する存在として、重要な役割を果たす事になるだけに、プロポーザルの内容が注目されますが、この公表のタイミングが年内なのかどうか。年末までの動きが気になるところです。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 大規模な掘削工事が進行中 サンパル解体開始から2年が経過

2024年4月17日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルの解体工事が開始されたのは2022年5月。それ以来、約2年が既に経過した神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。バス …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 プロジェクトがもたらす周辺への影響と更なる集客力のアップを図るには?

2024年3月20日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮東エリアを神戸の表玄関へと変貌させる大プロジェクトが神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業です。1日1400便が発着する …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮駅前空間整備事業計画検討会第2回会合で判明したバスターミナル検討案についての一部詳細

2020年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
国土交通省近畿事務局と神戸市は国道2号線を含む三ノ宮駅前交差点エリアの再整備構想(三宮クロススクエア構想)と雲井通5・6丁目に計画するバスタ …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルを覆う足場設置の仮設工事が開始される 勤労会館も今週閉館

2022年6月27日
こべるん ~変化していく神戸~
6月上旬に電撃的な開発概要が発表された神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。開発街区内では先行してサンパルが閉館。1階のご …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 起工式開催後の現場 工事名称の看板は切り替えられた?

2023年9月15日
こべるん ~変化していく神戸~
先週木曜日に大々的な起工式が開催され、兵庫県、神戸市、三菱地所、大林組等、関係者約180名が出席する大規模な式となった模様で、このプ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です