雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 旧中央区総合庁舎の消滅も間近



既存建物の解体工事が大詰を迎えている雲井通5丁目第一種再開発事業。巨大な更地ができる事はなく、地上部の解体が終わった建物については直ちに地中障害物の撤去工事が開始されています。



内部は掘削が進められています。外周部は矢板による土留が行われていますが、これはまだ解体用の山留壁であり、新築建物の建設にはSMW工法等の地中連続壁が構築されるのではないかと思います。



オールケーシング掘削機を使ってサンパルの基礎杭等、地中障害物を撤去している模様です。



左側にはまだ東横INNの基礎が残されている様子が見てとれます。



地中障害物の撤去工事を行なっているのは基礎工事を専門とする丸五建設工業。



土留を構築しながら、地中障害物の撤去を行っています。



7月から着工を予定していましたが、具体的に起工式等は執り行われていません。解体が開始された時点で起工と取り扱われているのでしょうか。

ビル外装のモックアップが登場するのが楽しみです。基壇部の籠のような意匠や上層部のカーテンウォールの質感等、駅前の新ランドマークを司る建物になるだけにその表情は非常に重要です。



最後まで地上躯体の解体が続く旧中央区総合庁舎。もう東側と南側の外壁の一部のみが残されている状態で、完全消滅まで秒読み段階です。



再開発ビルの完成はまだ4年以上先の話ではありますが、ビルの各フロアにおける詳細をそろそろ知りたいところです。特に低層部の商業施設のフロアの割り振りや用途、バスターミナル内の付帯施設等の判明が待ち遠しいですね。



また大ホールについては最新設備を備える事になり、立地も駅前の一等地に変わる事によって、現在の文化ホール以上の公演数への増加も期待され、エリアのにぎわい増にも大きく寄与する事になるのではないかと思われます。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 敷地全体で掘削が進み乗り入れ構台の設置も開始

2024年5月14日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルの解体工事開始から既に2年が経過した雲井通5丁目再開発プロジェクト。次世代の三宮におけるランドマークタワーの誕生に向けて残り …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発計画 中央区役所敷地内で地質ボーリング調査を目撃! バスターミナルI期ビルの設計が進む?

2020年6月9日
こべるん ~変化していく神戸~
3月末に国土交通省と神戸市が「国道2号線等 神戸三宮駅前空間の事業計画」についてとりまとめが発表され、雲井通5丁目、6丁目で計画され …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発ビル内の新・神戸文化ホール整備にかかる設計等・管理運営計画策定支援業務委託事業者決定

2022年6月18日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目に計画されている再開発ビルの低層部4-8階に整備される予定の文化大ホールは、1,800席程度を想定しています。 この大 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業にかかる民間参画事業者グループの優先交渉権者は既定路線通り三菱地所や大林組等に決定

2020年11月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は雲井通5丁目再開発事業の特定事業参加者の優先交渉権者に三菱地所、神興不動産、三菱倉庫を、特定業務代行者には大林組を選定した事を発表 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事から新築工事にいよいよ移行中か

2023年12月8日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。仮囲いに掲げられた工事名称も解体工事と新築工事の双方が明示 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 開発街区内建物全てが足場・防音パネルに覆われ始める 来夏の着工に向けて本格解体へ

2022年11月23日
こべるん ~変化していく神戸~
先週には雲井通5丁目再開発株式会社より概要と図面の発表が行われた雲井通5丁目再開発のバスターミナルI期ビル。今年5月よりサンパルの閉 …

POSTED COMMENT

  1. こんにちは より:

    いつも楽しく(?)読ませて頂いています。東急ハンズの跡地ってどうなったのでしょうか?今年のGWまで工事みたいな記事は読んだのですが、その後どうなってるのか気になって…最近あの辺り行けてなくて全くわかりません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です