ハーバーランド

神戸ハーバーランドumieのノースモール2階に雑貨店が集結!3月3日(金)に一斉オープン



神戸ハーバーランドumieは昨夏からリニューアルが進められており、ドミノ式に店舗を閉店させては、新しいテナントを入れるか、既存テナントの配置転換を行なって、ドミノ式に改装を継続させています。



ノースモールの2階はZARAが、1階のイオンスタイル跡に移転リニューアルオープンした結果、2階に大きな空き床が発生しました。



その後継テナントには家具・雑貨の「KEYUCA」が開業する事は既にお伝えしていましたが、同じくノースモール2階にあった「RAGE BLUE」もサウスモールに移転リニューアルした為、その向いに出た空テナント区画の去就も注目されていました。



ノースモール2階西側はカフェの「こなな」以外は全て仮囲いに覆われています。



「RAGE BLUE」跡の後継テナントが遂に判明しました!



出店するのは、暮らしの雑貨店「LEAF」。神戸国際会館SOLや須磨パティオ等にも出店しています。ハーバーランドにも新店舗を開店します。



更に旧ZARAの北側のテナント区画にも新しいテナントが進出します。



こちらには現在、モザイク2階の「ASOKO」跡に出店した「3COINS+plus」が、移転リニューアルオープンします。新店は「3COINS+plus」。超大型店に位置付けられています。



ここまで仮囲いだらけの状態は寧ろ気持ちが良いものです。これも次期テナントの出店が確実だからこそですが、新神戸のコトノハコにおける同様の状態は悲観的にしか見れません。



旧ZARAの南側のメインの区画ですが、「KEYUCA」が全てを賃貸するのかと思いましたが、中央側は別のテナントが出店し、区画を二分するようです。



ここに出店するのは「PLAZA」。umieには初出店となります。



KEYUCA、LEAF、PLAZA、3COINS+plusの4店が集結する事になるノースモール2階。雑貨店がここまで一箇所に集まるというのも珍しいのではないでしょうか。集積による集客効果は非常に高く、来客者の買い周りによる回遊性向上が見込まれます。これらの新店舗は3月3日(金)に一斉オープンします。



ノースモールには1階に無印良品も出店しており、ノースモールのフロアはファストファッションと雑貨店が大勢を占める事になります。



イオンモールはサウスモール地下1階で、携帯電話ショップを一箇所に集める配置を進めました。集積による効率化と集客力アップを図る事は常套戦略になっているものと思われます。



開店が遅れているサウスモール2階のYOGIBO跡のテナント区画。「J.S. BURGERS CAFE」の開店が予定されています。数々のアパレルブランドを抱えるBAYCREW’Sグループが運営するバーガーカフェで、かつてはミント神戸にも出店していました。



開店日が2月11日(土)に決定したようです。この場所にカフェの出店は初めてですが、1階には西村珈琲店やnana’s green tea等のカフェ店があるので、開店後、どのような人の流れの変化が起きるのか楽しみです。



この雑貨店の一斉開業によって、昨夏から始まったumieのリニューアルの大勢が完了を迎える事になります。ただまだ3COINS+plusの抜けた後に新たな空き区画が発生しますし、まだサウスモール内にも空き区画が存在します。陳腐化させる事を避け、常に新しい話題性を生み出す為の進化を続けているumie。今春で開業10周年を迎える事になりますが、集客力に衰えは見えません。

関連記事
ハーバーランド

アニヴェルセル神戸の解体撤去工事 地中障害物も撤去開始 跡地にはモザイク別館とホテルを組み合わせた複合開発を検討して欲しい

2022年4月27日
こべるん ~変化していく神戸~
昨年11月末に閉館し、年初から開始されたハーバーランドの結婚式場「アニヴェルセル神戸」の解体工事。既に建物地上部の姿は無く、かなり速 …
ハーバーランド

神戸ハーバーランド開業30周年イベント「ハーバージャンボリー」開催 モザイク・高浜岸壁周辺のスペシャルイルミネーション

2022年10月3日
こべるん ~変化していく神戸~
開業から30年を迎えた神戸ハーバーランド。この30年は決して平坦な道のりではありませんでした。商業、業務、文化、居住等の複合機能を広大な …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です