こべるん ~変化していく神戸~
F.O.インターナショナル本店跡

旧F.O.インターナショナル本社解体撤去工事 本格的解体始める 跡地にはオフィスビルを建設か



建物の閉鎖以降、内部の解体が行われていた旧F.O.インターナショナル本社ビルですが、本格的な解体撤去に向けて、足場設置と防音パネルの取り付けが進んでいます。



西面以外はもう既に完全にパネルに覆われた状態です。



地上5階建のビルですので、本格的な地上部躯体の解体が進み始めれば、完了までにそう長い時間は掛からないかと思われます。



地下躯体や基礎の解体は跡地に建設される新築ビルの規模や基礎の状態次第かと思いますが、最近は工期短縮や資源の再利用の観点から、既存基礎を活用して、建替を行う現場が増えています。



気になる跡地利用ですが、店舗とオフィスの複合ビルとなるようです。三宮町1丁目プロジェクトに続き、三宮中央通りで新たなオフィスビル計画が出てきた事は嬉しいですね。東洋カーマックスパーキングも同様の計画と予想していますが、ダイワロイネットホテルの可能性も捨てきれません。これで新規のオフィスビル計画は日新信用金庫ビル、関電不動産開発の三宮町1丁目プロジェクト、神戸阪急ビル、そしてこのF.O.インターナショナル跡地と4プロジェクトになりました。将来的には雲井通5丁目再開発ビル、JR駅ビル、市庁舎2号館跡等に大型オフィスを併設したプロジェクトも続く予定です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です