生田新道パーキング開発

新道トラストパークの解体完了 ホテル建設前に暫定コインパーキングが開業予定



昨年10月に閉鎖され、年明けから大林組の施工で解体工事が進められてきた生田新道は神戸サウナ横の新道トラストパーク。立体駐車場が姿を消し、開放的な敷地が生まれました。



既存のアスファルトには手を付けずに上物の立体駐車場のみを綺麗に撤去した形です。平地になるとかなりの広さがある事が分かります。敷地面積は1,000平方メートル。



近日中に三菱地所リアルエステートサービスがコインパーキングをオープンさせる予定です。



近隣で着工済のアパホテル神戸三宮駅前も工事開始前の数ヵ月間はコインパーキングを暫定営業させていました。既存建物解体⇒コインパーキング営業⇒着工の流れはスタンダードになりつつあります。着工まで更地してしておくよりもパーキング設備を導入してまでも駐車場にしておいた方が良いのでしょうか。やはり固定資産や都市計画税の対策と見るべきか。ちなみにコインパーキングとしての運用期間はどれ位でしょうか。



コインパーキングの営業終了後には三菱地所傘下のロイヤルパークホテルズアンドリゾーツが宿泊特化型の新ブランドであるザ・ロイヤルパークキャンバス神戸三宮(約140室)を2020年秋の開業予定として計画しています。キャンバスは昨年、名古屋に1号店を開業し、今年から銀座、大阪、来年に京都、神戸へとホテル網を拡大していく予定です。ホテルの工期と開業準備期間を1年2ヶ月と想定すると2020年秋の開業であれば、着工は今年6月位でしょうか。

関連記事
ロイヤルパークホテル

神戸三宮ホテル計画 ザ・ロイヤルパークキャンバス神戸三宮 ランドマーク性が高まってきた躯体

2020年4月10日
こべるん ~変化していく神戸~
鉄骨工事が完了し、躯体工事が進む神戸三宮ホテル計画。プレキャストコンクリートの庇や外壁の取付作業が進められています。だいぶ建物らしさが出 …
ロイヤルパークホテル

神戸三宮ホテル計画 ザ ロイヤルパークキャンバス神戸三宮 主要駆体工事完了 タワークレーン1機追加?

2020年5月27日
こべるん ~変化していく神戸~
生田新道で大林組の施工で建設の進む神戸三宮ホテル計画。三菱地所のザ ロイヤルパークキャンバスのブランドホテルとなります。地上12階建 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です