新港突堤西地区再開発

新港第2突堤の再開発始動準備は整う 新港町地区の国有地譲渡を進めたい



新港町エリアの再開発は第1突堤基部西地区が先行して進められていますが、第2期計画として、次は第2突堤を中心に開発が進められようとしています。突堤内に残されていた上屋の解体工事は完了し、全て撤去されてフラットな土地に様変わりしました。そしていよいよ今年に待望のアリーナ建設が開始される予定です。

世界に誇れる、世界とつながるウォーターフロント

“KOBE Smartest Arena
事業者 NTT都市開発 NTTドコモ スマートバリュー
運営事業者 株式会社One Bright KOBE
敷地面積 約19,340平方メートル
規模 地上5階
高さ30m
延床面積 25,301平方メートル
用途 アリーナ
収容人数 最大1万人
備考 バスケットボールBリーグ西宮ストークスの本拠地
着工 2022年
開業 2024年アリーナの北側には最大3,000人を滞留し、様々なイベント対応が可能なオープンスペース「プラザ」を整備。第1突堤に面するアリーナの西側には水際緑地をつなぐ歩行者専用の街路空間「コリドー」を整備し、これに沿って飲食店舗やオープンテラスも計画。





こうして上屋が無くなると、この突堤の広がりを実感します。開発面積は1.9万平方メートルにも及びますので、突堤はウォーターフロントエリアにおける非常に貴重な開発資源です。



第1〜4の四つの新港突堤の内、現在は第2突堤のみが未利用の状態です。しかし今後、最も有効的な利用が行われる突堤に変貌を遂げます。第1突堤にはラスイートの運営する神戸みなと温泉蓮が営業しています。とても良い温泉旅館ですが、第1突堤というウォーターフロントにおける最高立地を担う施設としては役不足な面が否めず、リーマンショックで頓挫してしまったダヴィンチ・アドバイザーズのホテル計画が実現しなかったのが残念でなりません。その分、このアリーナ計画には非常に期待しています。



突堤の中央から先端に掛けてはフェンスで仕切られており、土木工事が進行しています。



U字溝が複数置かれています。排水設備の工事でしょうか。



この第2突堤は国有地でしたが、新港町エリア内の他の土地と共に神戸市に譲渡されました。買い受けた市はこの土地の活用事業者を公募し、50年の定期借地権方式で、NTT都市開発等に貸与する形になりました。第1突堤についても40年契約でラスイートが土地の借受をしています。

アリーナについては着工のタイミングを今かと待ち侘びていますが、まだ具体的な動きは現地では見受けられませんでした。



振り返ると都心のビル群や新港町再開発地区が見渡せます。



アリーナが完成し、第1突堤との間の水域の開発が進められても、住友倉庫の巨大倉庫が陣取ってしまっており、突堤間の回遊性を妨げてしまいます。0.8ヘクタールもある土地です。早期に外資系都市リゾートホテルと商業施設の誘致を提案する民間事業者の公募を進めるべきかと思います。



第3突堤基部の倉庫群の解体もいよいよ大詰めを迎えようとしています。神戸市は着々と新港町の開発用地の取得を進めていますが、一部の財務省が保有する国有地の取得については難航しているようです。



この土地も第2突堤も住友倉庫のある突堤基部も元国有地であり、全て同時に神戸市に譲渡されました。



第2突堤の再開発は決まりましたが、残りの土地についてはまだ開発の方針は定められていません。



これらの一連の国有地譲渡のケースがあったものの、まだ残る国有地については、定期借地権での貸し付けが国の方針のようです。新港地区の東側についても、まだどういった機能を導入するのか市としての明確な方針が定まっていない点(港都・グランドデザインザックリとし過ぎています)は再度、改めて具体的なスケジュール案も含めて示すべきかと思います。まずは既に譲り受けた土地の早期開発を進め、エリアの活性化を図った上で、残りの土地の交渉を行うのが道筋でしょう。

関連記事
ライトアップタワーズ

神戸ポートミュージアムを中心とした新港町エリアの夜景は神戸ウォーターフロントの新しい観光資源となる事間違い無し!

2021年11月26日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ポートミュージアムが開業し、すっかり賑やかになった新港町エリア。開業済みの各施設は夜になると、それぞれが独自の照明演出を駆使して …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 KPM神戸ポートミュージアムの外観完成/GLION本社ビルのショールームオープン準備も進む

2021年6月3日
こべるん ~変化していく神戸~
今秋には各メインの集客施設が開業し、新しいウォーターフロントとして賑わう予定の新港突堤西地区エリア。そろそろバーバーランドやメリケン …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 新港突堤西地区再開発 GLION Awa-s Buildingの外構工事も完了 来月の1-3階ショールームオープンに向けて内装工事が進む

2021年6月17日
こべるん ~変化していく神戸~
建物本体は竣工し、GLION本社もこの新築ビルに移転・稼働開始しています。その後、建物周辺の外構工事やショールームとなる1-3階の内 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 B街区 フェリシモ・クリエイティブ・ランド鉄骨建方が進む 文化施設棟も基礎躯体構築開始

2020年6月11日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ地上階の建設が始まり、視覚的に工事の進捗が明確になってきた三宮新港町計画の南側であるB街区。大規模再開発感が満載の現場は更に …
新港突堤西地区再開発

KPM 神戸ポートミュージアムが1ヵ月後の開業に向けて内装工事が進む 周辺部の整備も同時進行中 フェリシモのチョコレートミュージアムも10月22日にオープン!

2021年9月29日
こべるん ~変化していく神戸~
10月29日(金)に開業が決定した神戸ポートミュージアム。開業に向けた最終準備が竣工した建物内で進められています。 https …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    これも愉しみな開発の一つです。万博前2024年開業のアリーナと須磨シーワールドは神戸観光の起爆剤になりそうな施設です。欲を言えばきりがないんですが、主要駅徒歩圏でこれくらいの規模なら人気アーティストも承知できると思いますので賑わい湧出にはもってこいでしょうね。コリドーもどのような形態になるのか楽しみです。ただ、アトア、須磨浦公園・三井アウトレットパークのラグーンに新設の飲食施設などポトマックばかりなのでここは流石に違う店舗にして欲しい。アトアがね、遊びに行った私の知人やお客さん達には不評です。プロジェクションマッピングの評価は無くさかなや動物・カメが可哀想という感想ばかりでした。
    私は1階飲食スペースは4回ほど利用したことはありますが上は見てませんので判りませんがリピーターは無さそうですね。ただ観光客や修学旅行客のコースになっているようで土産物店等は満員で見た目は収支も良さそうですがここから進化できるかどうか正念場ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です