市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 地上1階の躯体工事が開始される 建物構造は鉄筋コンクリート造?



竣工までの工期は残り10ヶ月となった連絡ロビー・エネルギー施設。北側の市役所2号館跡地に建設される複合ビルの第一段階として計画されている公共ビルです。三宮の再開発はほぼ全てドミノ式の連鎖型開発によって段階を踏んで進められています。

プロジェクト概要

(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事



所在地 神戸市中央区加納町6-5-1
事業主 神戸市都市計画局
敷地面積 9,512.87平方メートル
建築面積 973.93平方メートル
延床面積 4,579.32平方メートル
高さ 49.28メートル
構造 鉄骨造/鉄筋コンクリート造
階数 地上8階/地下1階
用途 事務所・機械室
設計 神戸市都市局都心三宮再整備課
施工 明和工務店・関建工業JV
工事予定期間 2021年12月~2024年1月







現在の様子



基礎及び地下階の躯体工事が進められてきましたが、遂に地上階の床が完成しました。



地下階から連絡しているのかスロープと階段が見受けられます。



左端の平らなフロアが東町筋に面するエントランスホールの床のようです。1階はセットバックしてピロティ空間を設けた歩廊が整備されます。



地下階から上がる為のエスカレーターを設置するスロープが見えます。



スロープを東側から見た様子です。



地下階右端は三宮地下駐車場とさんちかを連絡する地下通路に接続します。



この地下通路も連絡ロビー・エネルギー施設や北側の新庁舎・にぎわい施設の複合ビルと接続し、東遊園地にも誘う重要なアプローチになる為、今後、リニューアルが予定されています。



連絡ロビー・エネルギー施設の今後の地上階の建設工事ですが、鉄骨建方が開始されるものと思っていましたが、どうも様子が変です。



作業工程を確認すると、地上1階躯体工事と記載されています。



建物の構造は鉄骨造/鉄筋コンクリート造とされていますが、正しくは鉄筋コンクリート造一部鉄骨造のようです。

従って今後は1フロアずつ鉄筋コンクリートの躯体を構築していく事になります。



タワークレーンを投入するのか、それとも全工程をクローラークレーンもしくはラフテレーンクレーンで対応して躯体構築を上棟まで完了させるのでしょうか。



1号館、新2号館、そして中央区総合庁舎を連絡し、尚且つ各施設へエネルギーの供給を行う複合施設というのも全国的に見ても珍しい存在なのではないかと思います。

しかも高さが約60mもあり、1号館の半分弱の規模に達する予定です。しかし新庁舎・にぎわい施設が完成すると、1合館と新庁舎に挟まれて、黒子として影の存在となります。
関連記事
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 市庁舎シティの拡大が進行中 再整備後には1号館は最も古い庁舎に

2023年11月17日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市役所本庁舎2号館跡地の敷地南側で建設の進む(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設。鉄筋コンクリート造の躯体構築が進行していますが、 …
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館解体撤去他工事地上躯体撤去は完了 27年の複合施設完成に向けて来年よりプロジェクト始動

2021年12月4日
こべるん ~変化していく神戸~
明和工務店が昨年末より10月末を完成期限として進めきた神戸市役所本庁舎2号館の解体撤去工事ですが、期限から1ヶ月程遅れてほぼ地上部の …

POSTED COMMENT

  1. S.Y. Kobe より:

    記事に挿入されている設計図書通り、建物地上部は鉄骨造で間違いないと思います。

    設計図書の中の断面図が示しているように(建物東側)フラワーロード側は地上レベルが計画建物の2階床レベルに相当する為、2階床までの躯体は鉄筋コンクリート造で設計しているようです。それ以上の地上部躯体断面には鉄骨梁も描かれています。もう暫くすると鉄骨建方が始まりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です