三宮再整備

小野柄歩道橋エスカレーター設置工事 エスカレーターのスロープを支える基礎構築が進む



三宮東エリアから駅前までの歩行者デッキネットワークの回遊性向上の為に進められている小野柄歩道橋エスカレーター設置工事。将来的には雲井通5丁目再開発やJR新駅ビル等をも接続する動線へと発展していく予定です。

プロジェクト概要

小野柄歩道橋エスカレーター設置工事

工事は重量の既存の階段横に新たなエスカレーター設置用のスロープを構築し、エレベーター横に接続する。歩道橋の一部の改修も実施。エスカレーターは上り専用。


エスカレーター設備を載せるスロープを支える柱とその基礎を構築。エスカレーター下部エリアの地盤改良も実施。

工事場所 神戸市中央区小野柄通6丁目
完成期限 2022年3月31日
工事概要 土木工事 昇降機工事
施工者 島田組



着工後2ヶ月が経過し、工事は着々と進められています。既存の歩道橋上ではエスカレーターの土台スロープを接続する為の準備が行われています。



地上を見下ろすと、スロープを支える柱の基礎の構築が進行していました。



階段に沿って新たなスロープが構築され、その上に昇降機が設置される予定です。



歩道橋の真下では柱を支える基礎の構築が進行中でした。剥き出しになった階段の鉄骨に新しいスロープが接合されます。

セットとなっている神戸マルイ前のエスカレーターについては未だ設置工事が開始される気配がありません。準備工事はいち早く終えていましたが、来年度の予算に計上されるのでしょうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です