姫路

地域探訪: 姫路・ヤマトヤシキ跡地の再開発は1階に商業機能を持つ地上16階建ての分譲マンション建設へ



2018年に閉店したヤマトヤシキ姫路店。姫路駅前の再開発によってJR新駅ビルピオレやテラッソ姫路等、新たな商業施設が開業した事で競争が激化し、老朽化や立地的に不利な既存の施設は淘汰に向かいました。自己経営再建は諦め、ラオックス傘下に入って復活を目指しましたが、あえなく閉館となり、月日は流れて早4年。



既存建物は解体され既に更地化とされました。跡地の活用について具体的な開発案が示されてきませんでしたか、神戸新聞が開発概要を報じました。

その内容は地上16階建・200戸規模の分譲マンションで、事業主は近鉄不動産と大林新星和不動産。ラオックスが土地を譲渡したものと思われます。建物の設計と施工は長谷工コーポレーションが担当。

商店街のみゆき通りに面する1階には店舗が入るので、賑わい創出に貢献する再開発にもなるようでひと安心です。



先行して同様に淘汰による閉館・解体を余儀なくされたフォーラス。



こちらはホテルと分譲マンションという形で再開発されました。分譲マンションについては全く商業機能は付与されていません。



立地的には姫路駅と姫路城の間に位置し、大手前通りおいても新たなランドマークとして認識される建物になります。但し、景観条例による高さ規制で大手前通り側は11階建の構造となります。

来秋に着工の上、26年2月頃の完成を予定しています。ようやく固まったヤマトヤシキ跡地の開発。再び敷地全てを商業開発する事はやはりオーバーストアとなるだけに叶いませんでした。新しい街のランドマークとしてのデザイン性に期待したいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です