大阪

地域探訪: 大阪・大阪駅西高架エリア開発 新大阪新西北ビル うめきたII期のエントランスタワー



広島、三ノ宮と並んで中期経営計画の三大プロジェクトとして今春から建設が開始されたJR大阪駅西高架エリアと新駅ビルの開発事業。ノースゲートビルの西側の高架を改造し、北側のホーム一部を解体して出来た東西に細長い敷地に新しい駅ビルを建設すると共に、北側の高架下の商業施設を改変し、駅コンコースと新改札、店舗エリアやバスターミナルを設ける一大プロジェクトです。

プロジェクト概要



地上23階建・高さ121mの超高層複合駅ビル

オフィスゾーンをメインとし、低層部は駅コンコースと商業施設で構成

事業名称 大阪駅西高架エリア開発/大阪駅西北ビル開発事業
敷地面積 全体19,859.86㎡
建築面積 申請部分 3,690.46㎡
延床面積 申請部分 60,095.44㎡
規模 地上23階 地下1階
高さ121.6m
用途 駅施設 事務所 物販店舗 飲食店舗
構造 鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 西日本旅客鉄道株式会社
施工者 大阪駅西北ビル外新築他工事特定建設工事共同企業体(大林組・大鉄工業)


既存高架下の東側に新改札コンコースを開設。西側に商業ゾーンとバスターミナルを新設。


南側で進む梅田3丁目計画とうめきたII期内のJR新駅とを直線上で結ぶ

建設状況の様子



新駅ビルの建設と共にホームの改造工事を進めています。ホーム屋根に鉄骨のフレームを構築しています。ホーム中央のように一部はガラスフレームの屋根に変更するのでしょうか。



この駅ビル開発の取材は今年1月以来の実に9ヶ月ぶりでした。前回は恐らくまだ地中障害物撤去や地盤改良工事が進められていたと思われます。現在は杭工事の真っ最中のようです。



西側に巨大な安定液プラントを1基設置しています。中央部にはクローラークレーンなどの重機が稼働しています。



鉄筋カゴを建て込んでおり、場所打ちコンクリート杭の構築が進行中です。その北側ではうめきたエリアの新地下駅も建設が進みます。この新駅の駅名も大阪駅に決定しています。既存の大阪駅と改札内連絡通路で結ばれる予定です。他三大プロジェクトの広島でも新駅ビルの基礎工事が進行しています。三ノ宮はこれらに約3年遅れて再来年に着工し、工期も最も長い期間を要する予定です。

関連記事
大阪

地域探訪: 大阪・堂島に「フォーシーズンズホテル」が進出 東京建物のタワーマンション「ブリリア」との超高層複合ビルに

2021年4月14日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な都心再開発が続く大阪でまた新たなビッグニュースが飛び込んできました。東京建物が堂島の電通大阪ビル跡地で計画する地上49階 高 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です