兵庫区役所建て替え

兵庫区総合庁舎・消防署が完成 兵庫区の司令塔として新庁舎を中心とした湊川公園周辺の街づくりが動き出す



約3年・2期に渡って追跡取材をしてきた兵庫区総合庁舎及び兵庫消防署の建設工事が完了し、前月末に竣工式が催されました。荒田公園に仮移転していた消防署は以前の3倍の規模に生まれ変わり、旧消防署同様に庁舎と一体型の建物となりました。



格納庫には消防車6台、救急車1台を格納しており、緊急出動に備えています。



庁舎前には大きなスペースが広がります。



庁舎の外構部の整備も行われ、北側の駐車場へのアプローチ路に新たな歩道が誕生しました。



バイクの駐輪場も整備されました。街路灯も設置されていますが、まだ今後、道路の向かいで建設中のワコーレシティ神戸湊川公園の完成と共に道路が恒久的に整備されるものと思われます。



兵庫消防署の北側の様子です。



総合庁舎の東側に接する湊川公園の一部は現在、再整備が行われています。舗装が剥がされ、既存の遊具等も撤去され、木々も伐採されました。



今後、庁舎の裏手となる東側に面した部分を含めたリニューアルが行われる模様です。ジョギングコースや幼児の遊び場が整備される予定です。



まだ単なる舗装路である東側ですが、駐車場に沿って掘削工事が進められています。



矢板の山留が行われています。



再来週までの工事予定のようですが、流石にあと2週程で完成するとは思えませんので、工事は少し遅れ気味といったところでしょうか。



庁舎の完成で、今後はその南北での再開発や公園の再整備が進められていきます。都心に隣接し、利便性の高い兵庫区は、湊川公園周辺、兵庫駅周辺、そして中央卸市場・和田岬周辺と3つのヘソがあります。区役所の立地する湊川公園周辺は新開地とも連携し、昔ながらの商店街とマンション開発をうまく融合させ、ファミリー層へのアピールを継続したいところです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です