神戸駅周辺

(仮称)神戸駅前大晶ビル新築工事 コーナー周りの外観もお披露目 時計台を備えた新ランドマーク誕生


JR神戸駅北口駅前で建て替え中の神戸駅前大晶ビル。神戸フロントプラザの新名称が与えられる予定の地上9階建のテナントビルです。竣工に向けて最終仕上げが進みます。



前回取材時にはまだ足場に覆われていた西面や南面コーナー周りも姿を現しました。



コーナーの角は鋭角ではなく、丸味を帯びており、柔らかな印象を与えています。



完成予想パースでも同様でしたが、建物形状はほぼ同じであるものの、外装材及び色調を変更した為、その印象は良い意味で大きく変わる事になりました。



コーナーの頂部中央に時計が付いたのもアクセントとなり、新しい駅前のランドマークとして役割を担うに相応しい機能です。



シンプルな形状てすが、洗練性が出ました。これらの設計変更は施工者の村上工務店からの提案でしょうか。



敷地の形状からL字型の建物になっています。

JR神戸駅周辺のテナント、オフィスビルには現状、そこそこの空テナントがあるようです。この新築ビルは、その立地や新築である事を利点にテナントを集めるものと思われます。



飲食店、クリニック、学習塾の出店が見込まれていますが、これまで駅周辺には無かった業種の店舗が開店すると賑わいにも寄与するでしょう。


竣工は今秋を予定しています。村上工務店の次のプロジェクトにも期待しています。取り急ぎは、近隣で建設されている才谷の店舗建て替えリニューアルです。


プロジェクト概要

(仮称)神戸駅前大晶ビル新築工事



所在地 神戸市中央区相生町2-3-4
事業者 大晶興業株式会社
敷地面積 約322m2
建築面積 約282m2
延床面積 約2,419m2
高さ 30.3m
構造 鉄骨造
規模 地上9階
用途 店舗(物販・飲食・クリニック・学習塾)
設計 建築設計工房OKAMOTO
施工 村上工務店



関連記事
神戸駅周辺

遂に新開地駅・高速神戸駅間連絡地下通路のリニューアルに着手 昭和の香りが残る通路は来春大変身

2021年7月22日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸高速鉄道株式会社と阪神電気鉄道株式会社は7月から神戸高速線新開地駅と高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事 …
神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設整備運営事業 鉄骨建方を開始 JR新駅ビルデザインに良く似た複合ビルが23年5月に完成

2022年7月3日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸大学医学部附属病院を擁する神戸大学楠キャンパス。この敷地の南側の一部で神緑会館・保健管理センター楠分室の跡地を活用して、福利厚生 …

POSTED COMMENT

  1. トライ より:

    将来隣の小ビル立ちのき後に増築可能な設計になってるような気が

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です