旧居留地

(仮称)神戸海岸通 NADAC BLD 新築工事 鉄骨建方が開始される



海岸通のNTTドコモビルの東側で行われている神戸海岸通 NADAC BLDの新築工事 。基礎工事が完了して、いよいよ鉄骨建方が開始されました。



基礎工事の段階でその基礎の南北奥行きの薄さは指摘していましたが、鉄骨が立ち上がって高さが増してくると、その建物の薄さが一段と際立つようになってきました。



建物中央部に鉄骨の階段が設置されました。



奥行きはありませんが、東西スパンはかなりの大きさがあります。



アルミカーテンウォールが取り付けられると印象は大きく変わってくるものと思われます。



デッキプレートの取り付けも開始されています。1フロアの基準階面積はどれ位でしょうか。



やはりテナントはオフィス用途がメインになるのではないかと思われます。この土地は売地として長年に渡って開発が模索されていました。しかしこの様な狭小地よりも、もっと開発に適した用地は複数存在する筈ですが、この土地の開発が先行します。

します。

関連記事
旧居留地

旧居留地・三共生興スカイビル跡地にコインパーキングが開業 暫定利用の期間と再開発のタイミングは?

2021年12月25日
こべるん ~変化していく神戸~
解体工事が完了した三共生興スカイビル跡さ地。設置されていた仮囲いが撤去されたと思いきや、敷地が全面的にアスファルトで舗装されました。 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です