新長田

(仮称)神戸市新長田駅南プロジェクト 「ファインレジデンス神戸新長田(ASMACI神戸新長田プロジェクト) 竣工に向けて外観現す



新長田駅前再開発地区に残された最後の未開発用地の一つで建設工事が進められてきた(仮称)神戸市新長田駅南プロジェクトはミサワホームの「ファインレジデンス神戸新長田」と医療法人 一輝会の医療施設「萩原記念病院」から構成される複合施設「ASMACI(アスマチ)神戸新長田」として、大林組が施工しています。いよいよ来年初の竣工が近づき、建物を覆っていた足場が撤去されました。

プロジェクト概要

ファインレジデンス神戸新長田(ASMACI神戸新長田プロジェクト)







所在地 神戸市長田区大橋町7-1-1
事業者 ミサワホーム 京阪電鉄不動産 医療法人 一輝会
敷地面積 3,736.7㎡
建築面積 2,308.4㎡
延床面積 15,078.38㎡
階数 地上14階
用途 病院(142床) 共同住宅(80戸)
建物⾼さ 47.98m
構造 鉄筋コンクリート造
設計者 伊藤喜三郎建築研究所・東急設計コンサルタント設計共同企業体
施工者 大林組
竣工予定 2023年01月下旬





低層部の病院と高層部の住戸が現れており、完成予測パースにほぼ等しい形状の建物となっています。



東面の見上げです。新長田は利便性の非常に高い街です。ひと昔前のイメージは無く、エリアにはお洒落な飲食店も点在しており、若いファミリー層の住民も多く、今後も民間のマンション建設を促進していくべきエリアです。



病院としての正面は北側となりますが、北側にもエントランスは備えられるようです。



どっしりとしたフォルムが特徴的な建物です。住戸の成約率は90%を越えているようです。3月の入居開始までに完売が見込まれます。



北側には地域の交流拠点とても活用される緑地広場が整備される予定です。



新長田はこれからも地下鉄駅のリニューアル、駅前広場の再整備、県立総合衛生専門学校の移転、西市民病院の移転等のプロジェクトが目白押しで、拠点性がこれまで以上に向上します。新長田図書館も駅南側の再開発ビル内にリニューアルオープンしても良いのではないかと思います。



国道2号線沿いの歩道は整備工事が予定されています。今回の再開発に合わせて、舗装をインターロッキングブロックに変更するのでしょうか。

関連記事
新長田

(仮称)神戸市新長田駅南プロジェクト 「ファインレジデンス神戸新長田(ASMACI神戸新長田プロジェクト) 」地上躯体の構築が進む 新・西市民病院建設予定地近接地

2022年3月28日
こべるん ~変化していく神戸~
新長田再開発地区に残る最後の開発工区の一つである「大橋7第2工区」には、病院と分譲マンションから構成される複合施設「ASMACI神戸新長 …
新長田

(仮称)神戸市新長田駅南プロジェクト 病院と共同住宅の複合施設計画が来春始動 新長田再開発地区最後のプロジェクト

2020年9月30日
こべるん ~変化していく神戸~
新長田駅南側は国道2号線に面した長田区大橋7丁目の3,736平方メートルの敷地は当初、市営住宅の建設を想定としていました。しかしなが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です