こべるん ~変化していく神戸~
アベストホテル神戸

(仮称)神戸市中央区中山手通ホテルPJ新築工事 ホテルアベスト三宮東門 鉄骨工事が進行中



三宮・東門街の料亭ビル跡で大和ハウス工業が施工中の(仮称)神戸市中央区中山手通ホテルPJ新築工事。JR西日本プロパティーズが取得して新築ホテルを建設し、アベストコーポレーションにホテル運営を委託する予定で「ホテルアベスト三宮東門」が来春開業予定です。



現場では鉄骨建方が進行中です。地上14階建のホテルになる予定ですが、現在は8階まで鉄骨の躯体が立ち上がっています。



各階のデッキプレート取付も進んでいるようです。ホテルを運営する予定のアベストコーポレーションは神戸市内では中突堤近くの神戸ポートサイドタワーホテルの運営も神戸市から受託しています。また神戸空港のターミナルビル内にあるレストランの運営も手掛け、行政との関係を密にしています。また大和ハウス工業とも複数の事業協力を行っており、その関係もあって今回の施工を同社が手掛けたのかもしれません。

http://www.abest.jp/approach.html



一方、今回の計画はJR西日本プロパティーズという民間事業者からの委託を受ける形でホテルを運営します。JR西日本グループ内には自社ブランドの「ヴィアイン」等を運営する株式会社JR西日本ヴィアインが存在しますが、何故今回のホテルは他社運営にしたのでしょうか。また先日、取材記事を掲載しましたが、JR西日本プロパティーズは北野坂の正家本店ビルを取得し、この解体を進めています。同社は事業用地を募っており、オフィス、ホテル、商業施設向けに80坪以上の土地を求めています。



大和ハウス工業は緊急事態宣言発令を受けて4月22日以降施工を停止しました。5月10日までが中断期間となります。本日から工事再開となるものと思われます。月内にも一気に14階まで鉄骨工事が進む事でしょう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です