垂水

(仮称)垂水駅南ビル開発事業 既存店舗棟の解体完了 駅ビルとされる本開発 駅ビルの定義とは?




JR垂水駅前南側で、JR西日本アーバン開発によって計画されている新駅ビルプロジェクトの着工準備が整い、いよいよ建設工事が開始されようとしています。

プロジェクト概要

(仮称)垂水駅南ビル開発



事業者 JR西日本アーバン開発
所在地 神戸市垂水区神田町130-1他
敷地面積 911.78㎡
延床面積 979.25㎡
規模 地上4階
高さ 17.7m
用途 店舗
構造 鉄筋コンクリート造
設計者 交建設計
施工者
竣工予定 2024年3月





現在の様子



これまで駅前で営業していた平家建てのコンビニ店舗棟の解体工事が完了しました。



駅前の一等地がこれまで主にコンビニのみにしか利用されていなかったのは非常に勿体ない土地利用方法でした。

因みにいつも思うのですが、駅ビルと駅前ビルの違いはどこにあるのでしょう。いわゆるJR西日本が駅前に建設・運営しているNKビルを駅ビルとして定義しているのではないかと思いますが、元来、駅ビルとは駅舎コンコースに直結し、駅機能とそれ以外の機能を複合した建物を指すかと思います。

一般社団法人日本民営鉄道協会も駅ビルを以下として定義しています。

  駅業務を行う施設と、鉄道事業以外に用いられる施設を一体化した建築物のことを「駅ビル」と呼んでいます。

神戸市内で厳密な定義で駅ビルと呼べるのは以下のみではないでしょうか。

  • 神戸阪急三宮ビル
  • 住吉Liv
  • tete垂水(改修中)
  • 灘NKビル


多くのNKビルは高架や線路に沿って建てられており、駅舎に近接していますが、駅の機能を有している建物は実はそんなに多くありません。建物によっては、駅舎とビルの間が通路によって隔てられている場合もあり、厳密にはこれらを駅ビルと呼ぶのはいささか違和感を覚えます。

今回の垂水駅南ビルも駅舎に接してはいますが、高架下とビルの間には通路が設けられる予定です。つまりは駅業務を行う機能は付与されていません。この厳密な定義を当てはめようとすると、全国でも駅ビルと呼べなくなる建物は結構多く存在するでしょう。結局はビルを建設する鉄道事業者がどう定義するか次第のようです。



コンビニ裏の駐車場も閉鎖されて駅ビルの本格着工に向けて準備が整いました。

新駅ビルは高架下商業施設PLiCOの一部として運用される予定ですが、既に高架下や駅前周辺に様々な出店が見られます。1階はコンビニ、2階にはカフェ(タリーズコーヒー?)が開業する見通しですが、3-4階はクリニックやサービス系のテナントの誘致が想定されます。



北側では垂水中央東地区の再開発が10月に着工予定であり、駅前エリアの人口集積が高められます。垂水中央地区では更に再開発準備が進められており、建て替え中のマリンピア神戸の玄関口でもあるので、そのポテンシャルを見込んでの投資かと思われます。

この駅ビルの建設工事は今月中旬に開始されます。
関連記事
垂水

リノベーション神戸・垂水 (仮称)垂水駅前立体駐輪場・ロータリー整備工事 垂水駅前の課題を解消する複合機能の立駐ビルが完成

2023年9月4日
こべるん ~変化していく神戸~
JR・山陽垂水駅北側の西駅前広場にあった平面自動駐輪場の敷地を立体的に活用する計画である (仮称)垂水駅前立体駐輪場・ロータリー整備 …
垂水

リノベーション神戸・(仮称)新垂水図書館・自転車駐車場・ロータリー建設工事 地中躯体工事が進行中 垂水の持つ高いポテンシャル

2024年6月21日
こべるん ~変化していく神戸~
再整備方針が固まり、建設予定地に仮囲いが設置されて以降、かなりの長期に渡って準備工事が行われてきた垂水東側駅前広場の新・垂水図書館。 …
垂水

リノベーション神戸・垂水 (仮称)垂水駅前立体駐輪場・ロータリー整備工事 仕上げ工事が進行 年内の供用開始なるか?

2023年10月5日
こべるん ~変化していく神戸~
JR・山陽垂水駅前の西側駅前広場で建設の進む垂水駅前立体駐輪場・ロータリー整備工事。建物本体は完成し、1階のロータリーや外構の整備工事が …
垂水

リノベーション神戸・(仮称)垂水駅前立体駐輪場・ロータリー整備工事/リニューアルの完了した垂水駅前西側広場

2023年4月4日
こべるん ~変化していく神戸~
JR・山陽垂水駅前で進められている数々のリノベーション神戸プロジェクト。駅前西側では、以前の平面原付駐輪場が立体化された上、地上階を …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です