兵庫

(仮称)中山視覚障害者福祉財団新中山記念会館新築工事 外観の完成迫る


兵庫区大開通り沿いは水木通で竹中工務店の設計・施工で建設中のオフィスビルである(仮称)中山視覚障害者福祉財団新中山記念会館。水木通2丁目の神戸市立心身障害福祉センター跡地に建設されており、デザイン性の高いエリアのランドマーク的な建物が誕生を迎えつつあります。
 

プロジェクト概要

(仮称)中山視覚障害者福祉財団新中山記念会館新築工事

所在地 神戸市兵庫区水木通2-1-3
事業者 公益財団法人中山視覚障害者福祉財団
敷地面積 1401.5 ㎡
建築面積 1048.83 ㎡
延床面積 5715.91 ㎡
規模 地上5階 地下1階
構造 鉄骨造
用途 事務所
設計 竹中工務店
施工 竹中工務店
竣工予定 2021年9月中旬



建設状況の様子



まだ建物全体に養生ネットが掛けられていますが、ほぼ外観は完成している模様です。



1階部分はネットも外されており、非常に特徴的な外装材で覆われたファサードが強い印象を与えます。



アルミのルーバーのような水平のラインが無数に入っており、力強さと斬新さを兼ねたデザインです。



1階は無柱のピロティ空間が設けられています。



西側のコーナー部はアールを描いていますが、東側のコーナーは鋭角で、デザインのコントラストが明確です。



ベールを脱ぐと、完成予想パースよりも存在感のある建物となりそうです。



どっしりとしたプロポーションと重厚感を備えた大開通りの新ランドマークの誕生は9月を予定しています。新会館の完成後、中央区神若通にある現会館から移転予定です。

関連記事
兵庫

ワコーレシティKOBE湊川公園新築工事 地上躯体の構築が進む 建物1階には街の回遊動線に寄与するスキップロードを整備予定

2021年6月16日
こべるん ~変化していく神戸~
まもなく完成が間近の兵庫区総合庁舎・兵庫消防署の北側に隣接していた市営松本住宅・湊川協同組合ビルを再開発によって建て替えるプロジェク …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です