関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目プロジェクト 鉄骨建方が急激に進行中 三宮中央通り四大プロジェクト



「ほこみち」に指定された三宮中央通りは開発計画が目白押しです。三宮中央通り四大プロジェクトの一つである関電不動産開発の「(仮称)三宮町1丁目オフィス」は地上12階建の賃貸オフィスビルプロジェクトです。1-2階には店舗テナント5区画の配置が予定されており、物販や飲食店が出店する事で街の賑わい創出にも寄与するプロジェクトとして期待されています。

プロジェクト概要

(仮称)三宮町一丁目オフィス



敷地面積 1,007.62平方メートル
建築面積 829.02平方メートル
延床面積 8,406.54平方メートル
高さ 56.1メートル
構造 鉄骨造
階数 地上12階
用途 事務所(3-12階) 店舗(1-2階 5区画)
設計 高松建設
施工 高松建設
竣工予定 2022年2月









 

建設状況の様子



これまでは敷地北側の三宮本通に面した店舗区画部分の躯体工事が先行していましたが、これに目途がついたのか、敷地南側部分の鉄骨建方に着手した途端、急激に作業が進み始めました。



既に鉄骨の躯体西側半分は7階部分に達しており、隣接するワコーレ神戸三宮ビルと肩を並べる高さに達しています。



更に東側部分の鉄骨の組み立ても開始されています。



タワークレーンが投入されていますが、ラフテレーンクレーンも現場に入っています。鉄骨建方はこれらのダブルクレーンで進行中のようです。



更に5フロアの鉄骨がこの上に組み立てられる事になるので、周囲のオフィスビルからも頭一つ飛び抜けた存在となります。



これまではタワークレーンのマストが高々としていましたが、マストがすっぽりと鉄骨に包まれました。更にマストを足す必要があります。



高規格のビルが連続してスカイラインを形成する様は見ていて気持ちが良いですね。

ビルの屋上はウッドデッキが敷かれ植栽も行われる「ルーフトップテラス」として整備される予定です。また「リフレッシュスペース」にはくつろぐことのできるソファや打ち合わせテーブルを設け、グリーンアメニティの設置によるリラックス空間として、多様な目的に合わせた利用の場、企業間の交流の場として活用される予定です。



三宮本通に面した店舗区画です。商店街に面するこの部分が北側に飛び出す形で建設されています。この部分は3階までに留まります。ビルの両側に小規模な店舗ビルが立っているのでこうした形状になっています。



しかしコロナ禍による影響か両建物は空テナントになっています。どうせならこれらの敷地もこのビルの増築部分として併合してしまうべきかと思います。



三宮中央通りを挟んで「(仮称)三宮町1丁目プロジェクト」と「(仮称)神戸市中央区三宮町プロジェクト」 のダブル鉄骨工事が進行しています。更に写真右端に見えている大和証券神戸ビルも地上10階建のオフィスビルに建て替えられる予定で、辺りが一変する模様です。

関連記事
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発 三宮町1丁目プロジェクト新築工事が遂に始動! 2022年1月に新築オフィスビル完成

2020年5月19日
こべるん ~変化していく神戸~
待ちに待った開発計画が遂に動き出しました!関電不動産開発による「三宮町1丁目プロジェクト」が着工に向けて準備工事を開始しました。  …
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発 三宮町1丁目プロジェクト新築工事 タワークレーン登場!鉄骨建方始まるか!?

2021年1月18日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮中央通り3大プロジェクトの一つである関電不動産開発 三宮町1丁目プロジェクト新築工事。地上12階建のオフィスビル建設計画です。前 …
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発による三宮1丁目開発

2018年6月12日
こべるん ~変化していく神戸~
関電不動産開発がオフィス開発を目的に取得した三宮1丁目の播州信金三宮支店跡地でコインパーキングだった用地は駐車場が営業を終えて閉鎖中です。簡易的な仮囲いやゲートが設置されており、何 …

POSTED COMMENT

  1. ドン より:

    以前のレンタル衣装屋の建物。
    もともとミキハウスが建てた建物だった気がしますが、すでに関電が取得済みだとおもいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です