こべるん ~変化していく神戸~
りそな銀行ビル跡地

(仮称)ドーミーイン神戸元町新築工事 躯体工事は半分を越えたか?他ホテルの進出を阻む存在?



来春の完成を予定して躯体工事が進むりそな神戸ビル跡地のドーミーイン神戸元町。約1万平方メートルの床面積となる地上14階のこのホテルは全国のドーミーインの中でもトップクラスの規模となる予定です。RC造で躯体の成長はゆっくりめです。



しかしいつの間にやら先行して躯体建設の完了している鉄骨造のタワーパーキングの高さにかなり迫ってきました。目算で恐らく7-8階の躯体工事が進行しているのではないかと推測します。



従って躯体工事は半分を越えたのではと思われます。正しければまだあと倍の高さに達する予定です。ボリュームがあるので、存在感はかなり大きくなりそうです。



未だ親会社の共立メンテナンスからはこのホテルの概要等についての発表はありませんが、規模が大きく客室数も200~300室になるのではないかと思われます。またドーミーインの人気自体が高く、このエリアにおける他ホテルの今後の新規進出には二の足を踏ませる存在になっているようです。南京町のゲート前という好立地を抑えた事も大きいのではないかと思われます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です