ポートアイランドII期

(仮称)オープンイノベーション拠点ビル新築工事 基礎工事は大詰めへ 建物内には話題の研究施設を整備


電源が落とされて撤去が開始されている京スーパーコンピューターの入る理研の電算機構近くで着工している(仮称)オープンイノベーション拠点ビル新築工事。


鉄骨造の建物の基礎工事が進行中ですが、作業も折り返し地点を過ぎて佳境に入っています。


鉄骨の柱と接続する柱脚が設置されていますが、宙に浮いています。周りに鉄筋を配筋してコンクリートを打設して1階床を構築するものと思われます。


東側は既に鉄筋工事と足場構築の仮設工事が先行しています。


神戸市とシリコンバレーの投資ファンド500スタートアップスが進める企業家募集プログラムにてこのオープンイノベーション拠点ビルへの優先入居権を一つの売りにしていますが、更にノーベル生理学・医学賞を受賞した神戸医療産業都市推進機構の理事長を務める本庶佑氏がこの建物内に研究開発施設となる「本庶佑ノーベル賞受賞記念 次世代医療開発センター」を開設する計画です。オープンイノベーション拠点ビルという仮称がありますが、既に施設の正式名称はクリエイティブラボ神戸CLIKに決定しています。

関連記事
ポートアイランドII期

神戸陽子線センター竣工 開院は12月1日予定

2017年11月8日
こべるん ~変化していく神戸~
兵庫県立こども病院の隣接地で建設されていた「小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設」。正式な施設名称は「神戸陽子線センター」となりました。県立粒子線治療施設の付属医院として12月1 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です