ウォーターフロント

(仮称)しおさい公園レストラン新築工事 ララシャンスKOBE


ポーアイしおさい公園の南端で進行中のしおさい公園レストラン新築工事。前回は鉄骨建方の模様をお伝えしていましたが、現在は既に次の段階に工程が移っています。


全体の躯体が現れています。想像していたよりも規模の大きな建物になりそうです。ちなみにメリケンパークで補修工事の上、公開を再開した「BE KOBE」モニュメントがこのしおさい公園にも設置される予定ですが、設置場所はレストラン棟の手前の造成中の部分のようです。3月末までの設置予定でしたが、レストラン棟の建設が当初より遅れている事からモニュメントの設置も完成は遅れる模様です。


レストラン棟の形状は非常に複雑です。

shiosaicafe00.jpg

地上2階建なのですが、階高が大きいので存在感があります。


南側の飛び出た箱も形になってきました。この部分がチャペルになるのでしょうか。この建物は海に面した西側の外装はほぼガラスのみになります。この南側に市営駐車場も整備される予定となっています。しおさい公園待望の駐車場がようやくできます。

レストラン棟の事業主であるアイ・ケイ・ケイは7期連続増収を達成しており、結婚式場・レストラン経営は好調のようです。海外進出も果たしており、インドネシアでウェディング事業を進めています。大阪城公園にてパークマネジメント事業に選定されて、キャッスルガーデンOSAKAの開業によって、関西初進出を果たしており、ララシャンスKOBEは関西2号店の位置付けとなっています。

関連記事
ウォーターフロント

みなと公園改修+神戸水上警察署跡地の緑地化

2014年10月9日
こべるん ~変化していく神戸~
波止場町・神戸水上警察署跡地は既存施設の解体工事が地上躯体と基礎躯体の2期に渡って進められてきました。今後は市の方針として、親水広場となる予定です。同跡地はみなと公園に接しており、 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です