こべるん ~変化していく神戸~
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 緑地広場の一部完成 GLION本社も着工


南側の緑地広場の先行整備が進む三宮新港町計画の再開発地区。とうとう緑地の一部が供用を開始してしまいました。


完成した緑地道路です。植栽や街路灯の整備、舗装ブロックの敷設によるプロムナード化が行われました。


ベンチや飲料用の自動販売機設置されています。


外構整備は通常、再開発工事では最終工程に仕上げとして行われますが、この開発地区では進められる部分はどんどん進行させるようです。新港だけに・・・。


案内板かと思っていた物は分電盤でした。


まだ中には入れない緑地の東側もかなり形になってきました。


芝が植えられています。


ベンチやオブジェも幾つか設置が進みました。


岸壁に沿って防潮堤を覆い隠した階段ベンチの様子です。


完成予想イメージでの岸壁周りの様子とはかなり違った整備内容になっています。こうしたイメージ図は各施設も同様で実際の内容よりもかなり盛った形で描かれています。プロポーザルですので、より良い印象を与える事は重要なのだと思いますが、実際と掛け離れ過ぎると、かえって印象を悪くしかねません。


木製デッキの上に照明のような設備が備えられています。


フェリシモ・クリエイティブ・ランドの建設状況は然程の変化はありません。


掘削を継続しているようです。地盤改良か何かをしているのでしょうか。作業予定の掲示が無いので工事内容が分かりません。


そして向かいのGLION本社ビルの新築工事もいよいよ始動しました!


アースドリルのアタッチメントを付けたラフテレーンクレーンが掘削工事をスタートしています。


A街区中央北側の駐車場棟もまだ動きがありません。しかし来月には住宅棟を含めて全街区で工事が開始される予定です。この広い敷地に重機が林立する様を拝めるまでもうあと少しです。建物が立ち上がってくると、各方面から見た景観にかなりのインパクトが出てくるのではないかと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です