新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST 躯体工事は8-9階に到達



最上階の27階に向けて着々と地上躯体工事が進むベイシティタワーズ神戸WEST。神戸では初となる本格的なツインタワーマンションです。前田建設工業が施工しています。関西の大規模再開発の現場では珍しく、この新港町の開発には大林組も竹中工務店も参画していません。

プロジェクト概要

ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST













所在地 神戸市中央区新港町71番
事業者 住友不動産・関電不動産開発
敷地面積 WEST 5,300.07㎡ EAST 5,300.01㎡
建築面積 WEST 1681.98㎡ EAST 1,605.95㎡
延床面積 WEST36959.46㎡ EAST 36,593.83㎡
階数 地上27階 地下1階 塔屋1階
用途 共同住宅 一部店舗 WEST 349戸 EAST 353戸
建物⾼さ 102m
構造 鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年1月/2024年9月







https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/bct_kobe/
物件公式サイト

建設状況の様子



躯体工事は8階に達し、今後9階に着手というところまで来ていますので、現在で1/3弱の高さといったところです。



住戸階最下層の3階より開口部に窓のサッシ取り付けが開始されています。コーナーに柱はありませんが、ザ・パークハウス神戸タワーのように天井まで開口部を広げた設計にはなっていません。



垂直方向に取り付けられたマリオン。北側に3本。そして大きく間を空けて、南側に1本。頂部の帆を模した屋上フィンに繋がっていきます。



対岸のメリケンパークから眺めたベイシティタワーズ神戸WEST。住民にとってはバルコニーから眼前にメリケンパークを眺める生活が日常となります。贅沢な立地です。



そろそろ側を走る阪神高速や浜手バイパスからもその存在感が大きく目立つようになってきました。



浜手バイパスを挟むようにして旧居留地の高層ビル群と新港町地区の建物群が一体化しつつあります。現在のタワークレーンのジブ先端辺りがベイシティータワーズ神戸WESTの27階位でしょうか。



街の形が整ってきた新港町西地区エリア。



去年の7月はようやくオフィス棟の鉄骨が立ち上がってきたところでした。来年の今頃には上棟したWESTとタワークレーンによって地上躯体の構築が開始されたEASTを拝む事ができるかと思いますが、肝心のこの定点観測場所であるポートタワーが改修工事で閉鎖されているので、残念ながら撮る事が出来ません。



ウォーターフロント再開発は三宮駅前と異なってスムーズに進んでいます。来年度には第2突堤にアリーナの建設も開始されます。基部にある住友倉庫の再開発も年度内には事業者や開発概要が固まる想定です。
関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮・新港町計画 緑地広場の「ベイコート」が完成・共用開始!親水エリアへの新たなメインアプローチに

2023年4月23日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町のツインタワーマンション西棟であるベイシティタワーズ神戸WESTの西側で整備が進められていた緑地広場「ベイコート」は1ヶ月以上 …
新港突堤西地区再開発

新港第2突堤基部 旧住友倉庫の解体に向けて施工事業者を募る一般競争入札広告 工事完成期限は24年9月を予定

2023年7月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸アリーナの建設工事が進行中の新港第2突堤基部にある住友倉庫が保有していた大型倉庫。再開発に向けて神戸市が土地と建物を取得し、解体 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ツインタワー名称は「ベイシティタワーズ神戸」に決定 ! フェリシモ本社は基礎構築着手

2020年3月17日
こべるん ~変化していく神戸~
各工区で基礎工事が進行中の三宮新港町計画。大成建設の施工で建設を進めている超高層のツインタワーマンションの西棟は住友不動産が事業主ですが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です