新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸EAST 山留工事が完了して掘削開始 基礎構築準備を進める



新港町再開発地区にて上棟したベイシティタワーズWESTがランドマークとしての役割を担い始めましたが、その後を追って東側のEASTの建設工事も同じく前田建設工業の施工で進められています。地盤改良から杭工事、SMW山留構築までが完了していました。

 

プロジェクト概要

ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST













所在地 神戸市中央区新港町71番
事業者 住友不動産・関電不動産開発
敷地面積 WEST 5,300.07㎡ EAST 5,300.01㎡
建築面積 WEST 1681.98㎡ EAST 1,605.95㎡
延床面積 WEST36959.46㎡ EAST 36,593.83㎡
階数 地上27階 地下1階 塔屋1階
用途 共同住宅 一部店舗 WEST 349戸 EAST 353戸
建物⾼さ 102m
構造 鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年1月/2024年9月







https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/bct_kobe/
物件公式サイト

建設状況の様子



上空から眺める敷地内の様子です。建物施工部分に大きく開けられた四角い穴。



基礎を構築する為に山留の内部を掘削しています。中央に鉄骨が並んで立てられています。乗入構台を支える支柱の構台杭かと思われます。



掘削が完了すると、山留を支える切梁と乗入構台の構築後、建物の基礎の構築が開始されます。WESTの施工時はこの掘削から約7ヶ月後にタワークレーンが登場しています。基礎工事及び地下階の構築完了は10月頃と考えられます。



EASTが立ち上がってくると、ツインタワーとして大きな存在感を示すようになるでしょう。またEASTの工事が完了しないと、このI期の再開発は完了しません。早く電線や電柱の無いスッキリとさせ、緑も増やして無機質な倉庫街を洗練されたウォーターフロントエリアへと生まれ変わらせて欲しいですね。



モザイク・高浜岸壁から眺める新港町、三宮方面です。ベイシティタワーWESTが三宮のビル群と一体化しています。EASTも立ち上がってくると、スカイラインが更に南に拡大し、景観は大きく変わる事になるでしょう。
関連記事
新港突堤西地区再開発

KPM 神戸ポートミュージアムが1ヵ月後の開業に向けて内装工事が進む 周辺部の整備も同時進行中 フェリシモのチョコレートミュージアムも10月22日にオープン!

2021年9月29日
こべるん ~変化していく神戸~
10月29日(金)に開業が決定した神戸ポートミュージアム。開業に向けた最終準備が竣工した建物内で進められています。 https …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 再び三点式パイルドライバ祭が始まる ウォーターフロントエリアの回遊性をどう高める?

2020年3月29日
こべるん ~変化していく神戸~
各工区で基礎工事が進む三宮新港町計画。工事の進捗に伴って一時、減少していた杭打機の三点式パイルドライバの稼働数ですが、ここに来て再び …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 B街区 遂にフェリシモ・クリエイティブ・ランド鉄骨建方開始!同再開発地区で1番乗りを果たす

2020年5月25日
こべるん ~変化していく神戸~
新港突堤西地区再開発事業として建設工事が進められている三宮新港町計画。各工区にて基礎工事が進行でしたが、それらの中で遂に次工程に移行 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です