三宮再整備

三宮再整備・東遊園地南側の再整備を開始?ストーリーポールの謎とは?



当初、仮移転とされた神戸市役所北側にあったこうべ花時計の配置場所は東遊園地南側の噴水広場跡地にすっかりと落ち着いた模様です。



現在、花時計の周りには仮囲いの簡易フェンスが設置され、柵の改修が進めれらています。

花時計の横にもフェンスで囲われているエリアがあります。



「ストーリーポール」の設置を行っているとありますが、そもそもストーリーポールとは何でしょう?工事発注者は神戸市役所市長室国際部国際課です。



油圧ショベルが入り、ストーリーポールを設置する為の基礎工事が進められている模様です。



ネット検索しても、トーテムポールしか出てきません。国際部国際課が一体なにを設置しようとしているのか。

ポールとあるので、何らかの棒である事は確かだとは思います。もう少し様子を見守りたいと思います。



東遊園地南側は、こどもの本の森 神戸の完成以降は特に大きな整備の動きはありませんでした。



今後は遅れている税関前交差点歩道橋のリニューアルに合わせて、園地内の舗装や照明等の設備更新が行われ、真新しい北側園地との調和も図られるのではないかと思われます。問題は、それがいつなのかという点です。ジーライオン神戸アリーナの完成前を目指して欲しかったのですが、恐らく難しいと思います。
関連記事
JR三ノ宮新駅ビル

JR新駅ビルが中心となる駅周辺動線改良はどう進められるのか?新駅ビルえき・まち空間の整備の要となる施設

2021年10月7日
こべるん ~変化していく神戸~
2029年にJR三ノ宮新駅ビルが開業するという具体的なスケジュールが決定しました。駅ビル建設は、神戸市が進めている都心・三宮再整備の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です