三宮再整備

三宮プラッツ改修工事 いよいよ大屋根の塗装が完了 お披露目も間近か!?



昨秋より村上工務店の施工で作業が進められてきた「三宮プラッツ」の改修工事。三宮中央通りと京町筋の交差点にある地下駐車場入口のサンクスガーデンをイベントや憩いのオアシスの場とする計画です。いよいよ今月末の完成を間近に控えて最終仕上げ工程に入っている模様です。



周囲にあった仮囲いの殆どが撤去されて簡易フェンスに置き換わっています。新たに設置された階段横の格子柵も確認できます。



新生・三宮プラッツのシンボルとなる大屋根の様子です。表面が錆びた鉄板で組み合わせた大屋根を白のペンキで塗装しています。錆び止め剤なのか最終塗料なのかまだ定かではありません。真っ白な屋根が完成形でしょうか。



表面部分のアップです。裏側は鏡面仕上げになっている予定です。



足場とネットが撤去された後、どのようなインパクトを街に与えるでしょうか。屋根を支える吸排気塔周りは緑化される予定です。

三宮プラッツの運営には既に公募によって活用事業者も決定しています。



京町筋の南から北を望むと、神戸を変える大小の街の新しいランドマークが見えています。安田不動産三宮ビルの背後に聳え始めた神戸阪急ビルとその足元に三宮プラッツ。神戸の新しい風景が生まれつつあります。夜間の景観も楽しくなりそうです。

関連記事
三宮再整備

さんちか1番街・2番街が完全売り尽くし閉店セールを開始 3月31日まで 閉館後にはリニューアル工事がいよいよ開始される予定

2022年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸最大の地下街である「さんちか」は開業から間もなく60年を迎えますが、50周年の際には耐震化工事と天井の美装化を実施するリニューアルが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です