神戸駅周辺

三共神戸ツインビルに「SK HOTEL 神戸駅前」が来年7月に開業予定

JR神戸駅前の三共神戸ツインビル内に営業していたチサンホテル神戸駅前は、建物老朽化とコロナ禍の需要低迷、ホテル数増加に伴う競争激化の影響を受けて、3月に閉館しました。

建物を保有するSKハウジングが、新たなホテルを開業する予定と報じられていましたが、その後具体的な動きは見られていませんでした。



しかしながら同社が来年7月に「SK HOTEL 神戸駅前」を開業する事が判明しました(Rioさんより情報を頂きました。ありがとうございました)。SKハウジングは全国諸都市に三共ビルの名でオフィスビルを保有している他、大阪では「大阪リバーサイドホテル」を運営しています。神戸のホテルは同社にとって2番目のホテル施設運営となるようです。



チサンホテルは地上14階 客室数290室に15の宴会場・会議室を備えた総合ホテルでした。新ホテルは客室等の改装の上でのオープンとなるものと思われます。激戦区の三宮、元町と比較すると、神戸駅前はホテルは少ないですが、比較的に規模の大きなホテルが集積しています。地下街直結の利便性はありますが、どう差別化を図っていくのか。第2の船出です。

関連記事
神戸駅周辺

神戸駅前大晶ビル新築工事に伴う解体工事 既存建物の半分程まで解体が進む 新築ビルの規模やデザインに期待大

2021年3月30日
こべるん ~変化していく神戸~
JR神戸駅北側の駅前広場か角地にあったテナントビル2棟の解体工事が進行中です。解体されているのは神戸駅前大晶ビル。コンビニや居酒屋等 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です