海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 外観完成で足場撤去によるお披露目開始



9月に竣工予定と工期が残り約半年となった海岸通のザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。和田興産のタワー型レジデンスのプロジェクトですが、遂に足場の一部が撤去されて、東面や北面の一部が姿を現しました!

プロジェクト概要

ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー



事業者 和田興産
所在地 神戸市中央区海岸通1-1-2
敷地面積 1,317.89平方メートル
建築面積 1,006.99平方メートル
延床面積 12,651.95平方メートル
高さ 59.8メートル
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上19階 地下1階
用途 共同住宅 128戸
設計 大土呂巧建築設計事務所
施工 東レ建設
竣工予定 2022年9月

2層吹き抜けのエントランス前のグランドロビー



1階 オーナーズラウンジ



8-9階の中央部分だけカーテンウォールが採用



2層吹き抜けのザ・ベイサロン



メディアラウンジ



住戸からは目の前に神戸港が広がる

建設状況の様子



爽やかな色調でまとめられた外観はほぼ完成予想パースとイメージが一致していると思われます。



コーナーのガラス手摺は不透明になっています。これはパースとは異なる点です。保護用の養生シートがまだ貼られているのか、それともこれが最終仕様なのか。住戸の外壁はダークグレーに塗装されています。



海岸通り沿いでは一際高く聳える存在感の大きな建物になりました。この建物のアイデンティティである南面のファサードがお披露目されると、更にランドマーク性を感じられるようになると思います。



東面の見上げです。やはりコーナーは不透明ガラスが完成形なのでしょうか。そうであれば、不思議なのは17階部分のみが不透明ガラスが1枚分多いので、バランスが良くありません。それとも透明ガラスを敢えて不透明にしているのでしょうか。



隣接する神戸メリケンビルとの調和を図る為、低層部は旧居留地の近代建築をイメージした石の外壁材を採用しています。



北面にはスリット窓が設けられています。その他は外廊下の他、タワーパーキングが構築されています。



海岸通りの先にワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワーが鎮座する風景が生まれつつあります。シンボリックな建物だけにマリオン上部のスリット内に照明を入れて、ライトアップを期待したいですが、どうなるでしょうか。
関連記事
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 竣工した重厚感と高いデザイン性に溢れた新ランドマーク

2022年8月5日
こべるん ~変化していく神戸~
海岸通りにある近代建築・神戸メリケンビル(旧神戸郵船ビル)の西側パーキングの敷地を和田興産が取得して開発を進めてきた(仮称)ワコーレ …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 遂に南面ファサードのお披露目が開始される!

2022年4月8日
こべるん ~変化していく神戸~
先週から建物外観完成に伴う足場と養生ネットの撤去が始まったワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワーですが、遂に海岸通りに面した南面のお …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 建物外観完全お目見え 重厚感溢れるランドマークの出現

2022年4月20日
こべるん ~変化していく神戸~
完成が徐々に近づく海岸通りに聳える新ランドマークであるワコーレザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。建物を覆っていた足場が完全に撤去され …

POSTED COMMENT

  1. こーべ より:

    手すりのガラスは真ん中はまだ入ってないような感じです。ネットをしてましたので。すべてすりガラスになりそうな予感。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です