海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 地上階躯体工事は5-6階に到達



海岸通・旧神戸郵船ビル(現神戸メリケンビル)の西側に隣接し、駐車場として使用されてきた約1,300平方メートルの土地を和田興産が開発中です。東レ建設の施工で地上19階建ての高層レジデンスを建設しています。

ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー





敷地面積 1,317.89平方メートル
建築面積 1,006.99平方メートル
延床面積 12,651.95平方メートル
高さ 59.8メートル
構造 鉄筋コンクリート造
階数 地上19階 地下1階
用途 共同住宅 128戸
設計 大土呂巧建築設計事務所
施工 東レ建設
竣工予定 2022年9月

建設状況の様子



鉄筋コンクリート造の地上躯体を構築していますが、既に躯体工事は5-6階に到達している模様です。ちょっと目を離している間に結構な規模に成長してきました。



想像していた以上に東西幅がある建物です。イメージとしては同じく海岸通の東側で建設された「Belista神戸旧居留地」に近いフォルムになるのでしょうか。

あわせて読みたい
Belista神戸旧居留地海岸通で建設が進むタワーマンション「Belista神戸旧居留地」。遂にそのベールを取り去り白亜の全貌が明らかになりました。高さはそれ程な...



建物北側の形状はファサードとなる南側とは全く異なる表情を見せるものと思われます。



この建物の基壇部は東側に隣接する神戸メリケンビルと肩を並べ、海岸通りに連なる近代建築群との景観上の調和を図る予定です。これらの建築物に合わせてどのように仕上げられてくるのか。ベールを脱ぐ日が楽しみでもあり、不安でもあります。まずは躯体工事の上棟が目標でしょう。

あわせて読みたい
ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 公式HP内に共用施設紹介ページ公開 海岸通の神戸メリケンビル西側隣接地に建設されている和田興産の新築分譲マンション「ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー」。当初、...
関連記事
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー新築工事 本格的な基礎工事開始に向けて準備が進む

2020年3月20日
こべるん ~変化していく神戸~
公式ウェブサイトも公開され、東レ建設による施工も本格化しているワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー新築工事。鯉川筋以西における …
海岸通1丁目ワコーレ

ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー 地上階躯体工事は13-14階付近を構築中 周囲を圧倒するタワー感が出てきた

2021年10月17日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工まで1年を切った海岸通で東レ建設による施工されているワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワー。順調に成長を続けています。 プ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です