こべるん ~変化していく神戸~
トアロード

ワコーレ ザ・神戸トアロード新築工事 外観の一部が現れ始める!



JT神戸支店跡地で和田興産が大末建設の施工で建設中の大型マンション「ワコーレ ザ・神戸トアロード」。既に全戸完売済のこの物件もいよいよ竣工に向けてラストスパートに入りました。



最も工事の進んでいるトアイーストヴィラは遂に一部がお披露目されました。カーテンウォールを採用したコーナー部が目を引きます。



トアロードに面して整備されるエントランス周りはまだコンクリートが剥き出しのままです。外構では水の演出も行われるようです。



ワコーレ史上最高価格の億ションも登場したこの物件。これに続く都心の大型プロジェクトは今後出てくるのでしょうか。来年度はいよいよ都心で1,000平方メートルを超える敷地において住宅が占める事が出来る容積率は400%未満に抑える規制が課される予定です。滑り込みプロジェクトが間に合うのでしょうか。既存のタワーマンションにも管理組合に対して認証制度が導入される予定です。これは正直、タワマンに限らず全ての分譲マンションに適用されるべき制度です。



トアロードもマンションが増えました。栄町通や布引町と異なる点は賃貸マンションではなく、分譲マンションのみである事です。

和田興産も今後の戦略方針の転換を迫られるでしょう。神戸市の分譲マンション供給戸数No.1の座を捨てて、関西圏の他都市への供給を増やさざるを得ないかもしれません。マンションのみでなく、テナントビル、ホテル、住宅とホテル・オフィスの複合施設といった商業開発にも積極的になって貰えると嬉しいですね。

江戸町の神戸甲陽音楽専門学校の隣接地の活用方法も気になるところです。



トアロードから程近い中山手通ホテルプロジェクトの建設地もいよいよ着工が近いのか、鉄パイプが運びこまれていました。当初の計画であれば、昨秋に完成していました。来年は二桁には届きませんが、ホテルの新規開業はこのプロジェクトも合わせると、8軒ほどになる予定です。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. hk より:

    中山手通ホテルプロジェクトで集約化出来なかった隣のラブホ?のボロボロ具合がハンパないですね…
    何度見ても悔しいです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。