名谷

リノベーション神戸・tete名谷南ゾーン 駅ビル外装・内部コンコースの改修工事が本格化



リノベーション神戸における名谷の中核的なプロジェクトの一つである名谷駅ビルのリニューアル。新築の北ゾーンに続いて、既存ビルの南ゾーンの大規模改修工事が進行しています。



駅ビルの西・南面に仮囲いを設置。また両面を足場で覆って、建物外装の改修工事が進められています。



この工事によって今まで西面に3箇所あった出入口は中央の1箇所に絞られ、残りは外壁ができて、店舗区画へと変更される事で、より駅ビルらしさを増す事になります。



これまでは駅ビルというよりは駅舎の一部に店舗が入るといった感が強かった名谷駅。建物は内外で駅ビル・駅ナカ感を強め、にぎわいを感じられる、駅利用者が立ち寄れる施設へと生まれ変わります。



現在は、南側も封鎖されている為、パティオ方面に向かうにも西側の出入口一箇所のみが使用可能な為、混雑しています。



改札周りのコンコースの吹き抜け改修工事が本格化しました。



天井改修となるので、コンコース内に作業用の簡易床が構築されました。



工事完了までは、この天井の低い状態が継続する事になります。



この床が撤去された暁には見違えるような開放的で明るく華やかなアトリウムに生まれ変わる事になるでしょう。



名谷駅を訪れた人々がその華やかさに驚きを覚えるようなコンコースの誕生に期待です。また北ゾーンはどちらかと言えば、既存ビルのテナントの移転先だったので、新規性は感じられませんでしたが、南ゾーンは全て新しいテナントを誘致する事になるので、これに対する期待は大きいかと思います。



リニューアルの完成した楪橋の下で開始されたバスターミナル上屋の整備工事。



上屋を立てる基礎の構築を行なっています。バスを乗り降りする人々が雨や日差しを凌ぎ、駅構内へ移動できるようになります。



この上屋構築を皮切りとして、ロータリー内の老朽化した上屋の再整備も今後進められていく模様です。名谷駅前も全面的に刷新され、若々しい印象を与える街にリフレッシュされます。

関連記事
名谷

リノベーション神戸・(仮称)北須磨支所ビル整備事業に伴う解体及び付帯工事 歩行者デッキ撤去完了 1月の本体着工に向けて準備中

2022年11月19日
こべるん ~変化していく神戸~
2024年7月末を完成期限として工事の開始された(仮称)北須磨支所ビル整備事業。現在は準備工事として、敷地内にあった駐輪場及び須磨パティ …
名谷

リノベーション神戸・ショッピングセンター「須磨パティオ」のリニューアル計画は24-25年に掛けての二段階整備へ

2024年1月12日
こべるん ~変化していく神戸~
リノベーション神戸による再整備が進められている拠点の名谷駅周辺で、地域最大の商業施設である須磨パティオのリニューアル計画がいよいよ始 …

POSTED COMMENT

  1. KRT より:

    ついに改札内コンコースも天井の改修作業がスタートしましたね。
    近くの北須磨支所も上半分はベールが取れて外観が見えるようになっています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です