旧居留地

モンクレール 神戸(MONCLER KOBE)が旗艦店としてThe 45thに開業!



リニューアル工事を進めている旧居留地・仲町通の商業施設「The 45th」の中核店舗としてモンクレール神戸(MONCLER KOBE)が12月21日(土)に開業を果たしました。



これまでは仲町通を挟んで向かいの大丸神戸店が運営するBLOCK30内に大丸のテナント路面店として営業してきましたが、今回の移転開業によって直営の旗艦店としてリニューアル。



新店舗の売場面積は327平方メートル。



店舗のデザインにはパリに拠点を置いて活動する建築家のジル&ボワシエが担当。花崗岩を使用した独創的な外観は日本建築(日本の城壁?)をモチーフにしているようです。



花崗岩を昼夜問わず各縁からLEDで照らしています。



旗艦店としての風格に相応しい外観と風格を持った店舗になりました。また好立地にも拘わらず、テナントが決まらなかったThe 45thに起死回生の一級テナントが進出しました。



今後、同ビル他フロアへのテナント進出がどうなるのかも非常に気になる所です。



モンクレール大丸神戸店が入っていたBlock30。こちらも大丸がまた新たなテナントを誘致する事でしょう。個人的には将来的にこの建物をJ.フロントグループが再開発して欲しいと考えています。



仲町通は各高級ブランドの旗艦店が軒を連ねる旧居留地の花形通りに成長しました。ようやくThe 45thが本来その立地を活かす事ができるテナントが決まりました。同ビルの今後の動向にも注視してきたいと思います。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. kingi より:

    店の前通りましたけど
    こんな高額ブランドなのに盛況でした
    まあシーズン的に今が一番忙しいんでしょうが
    私にはとても手が出ないブランドですので
    羨ましいやら悔しいやら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です