旧居留地

ブルーボトルコーヒー神戸カフェが7月20日にオープン!

bluebottle09.jpg

サードウェイブと呼ばれる米国西海岸発祥のエスプレッソコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」が国内9店舗目、関西では京都に次いで2店舗目となる「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」を7月20日(金)に開業させました。

bluebottle07.jpg

出店場所は大丸神戸店の南側にあるNTT西日本新神戸ビル1階。大丸松坂屋が誘致しました。店舗の外観はとてもシンプルで店名ロゴ等は壁面には無く、ロゴのみが描かれた立て看板を店舗前に置いているだけです。

bluebottle12.jpg

店内も一切の無駄を省いたとてもプレーンな印象。天井、柱はコンクリートを剥き出しで配管も見せています。櫓をイメージした真ちゅう造りのカウンターが目を引きます。

bluebottle11.jpg

奥行のある店内は開放感のあるスペースが広がっており、店舗面積217.8平方メートルに席数は63席を確保。テーブルや椅子もナチュラルで端材を使ってエコな雰囲気満載です。

bluebottle08.jpg

定番のブレンドコーヒーを頼もうと思いましたが、この暑さに負けてコールドブリューを注文。他のアイスコーヒーとは異なり、後味と香りに強い印象があります。他のメニューも試してみたいですね。

bluebottle10.jpg

午前8時の開店からまだ1時間程でしたが、続々とお客さんが入ってきました。昼時前にはもう満席だったでしょうね。暫くはゆっくり楽しみたい方は朝一が無難です。

bluebottle06.jpg

今後、ブルーボトルコーヒーは先行するスターバックス等のように国内展開を積極的に拡大していくでしょうか。スタバはもうコンビニ並みに増えすぎた印象があります。手軽にそこそこ美味しいコーヒーはもうどこでも飲めるようになったので、カフェ業界の競争は熾烈さを増しています。話題店の神戸出店は嬉しいニュースですが、継続的に流行ってくれると良いですね。旧居留地内のカフェはどちらかと言うと、東側に集中している傾向がありますが、どこも人気です。ただチェーン店は無く、独自性を発揮して集客しているので、ブルーボトルコーヒーにも頑張って欲しいと思います。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です