ウォーターフロント

メリケンパーク緑地改修工事(新港・中突堤地区緑地改修工事)が進行中



新港町や中突堤周辺等のウォーターフロントエリアにて開発工事や再整備が進行中ですが、一旦はリニューアルの完了していたメリケンパークについても手付かずだった緑地における改修工事が進行しています。



パークの中央から東南に掛けて広がる緑地一帯を閉鎖して、芝生広場を中心に改修が行われています。



3月末までの工期を予定していましたが、あくまでも予算の関係上年度末までに工期を一旦区切って、実際の竣工時期は翌年度の6月末を予定するパターンなのでしょう。



舗装ブロックの一部も剥がされて何らかの改修が行われています。



芝生だったエリアは全て地肌が剥き出しになっています。



重機を使って土の表面から根こそぎ芝を撤去したようです。全ての芝を新たな芝に入れ替えるのでしょうか。

メリケンパークの芝生は従来から植えられていたものなので、耐久性は高いものではありません。



再整備の完了した東遊園地の芝生広場には、数年間の社会実験の結果、耐久性の非常に高い芝の選定の上、これを採用した事で、様々なイベントや冬枯れを経ても芝がしっかりと残る事が確認されました。



この学びを経て、メリケンパークの芝生広場にも同じ芝を植える事になれば、耐久性の高さによって擦り切れる事なく、常に緑の絨毯を楽しむ事が出来るようになります。



メリケンパーク内の芝生広場面積は全て足していくと東遊園地以上の大きさがあるのではないかと思われます。



メリケンパークもこれまで以上に芝生広場が楽しめる公園になると良いですね。



スターバックスコーヒー周辺の芝も耐性が無いので、踏まれて消滅してしまうの避ける為か、通路が設けられて、それに沿ってロープの簡易柵も設置されました。いずれはこちらの芝も入れ替えが必要になるのかもしれません。



メリケンパークの対岸の新港エリアもどんどん建物が増え、訪れた人々も更に足を伸ばしてみようという気にさせるオーラを発し始めています。



最奥に姿を見せているジーライオンアリーナ神戸。メリケンパークからもアリーナの夜景も堪能できそうですね。



ツインタワーやラスイートルパンビルも美しいライトアップ演出による夜間景観の向上が期待できます。



大阪、京都に後塵を拝してきた神戸ではありますが、進行中の再開発・再整備によって着実に魅力度は上がっている事は確かでしょう。毎年、新しい話題を提供して、アピールを続けています。

関連記事
ウォーターフロント

中突堤中央ビル南館とりこわし及び敷地整備工事 更地化へのカウントダウン 南館跡地の活用や北館解体の目途は?

2023年9月24日
こべるん ~変化していく神戸~
リニューアル改修が進む神戸市ポートタワーの足元では中突堤中央ビルの取り壊し工事が同時進行で進められていますが、いよいよ既存建物地上部 …
ウォーターフロント

神戸三宮フェリーターミナルに行ってみました

2014年9月28日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第三突堤で建設の進められていた神戸三宮フェリーターミナルが9月3日に開業しました。これまで突堤西側にジャンボフェリーの専用ターミナルとして稼働していたターミナルビルに代わって、 …
ウォーターフロント

新港第三突堤フェリーターミナル建替計画

2013年6月8日
こべるん ~変化していく神戸~
来週一週間、海外出張に出る準備で更新が滞りました。第一突堤を皮切りに今後、ウォーターフロント開発の次世代の要的存在を担う新港突堤エリア。第一突堤はすでに更地化しており、近日中にラ・ …
ウォーターフロント

神戸ウォーターフロントアートプロジェクトに映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が登場

2022年11月25日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ウォーターフロントアートプロジェクトはリニューアル工事中の神戸ポートタワーを覆う仮囲いのカバーをスクリーンとして、プロジェクションマッピ …
ウォーターフロント

神戸ウォーターフロント開発機構が神戸ポートタワーの運営事業者を公募 2024年春の営業再開を目指す

2022年10月15日
こべるん ~変化していく神戸~
現在、耐震改修工事の最中で閉館している神戸港のシンボル・神戸ポートタワー。改修工事は耐震化だけでなく、展望施設や低層部のリニューアル …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です