神戸駅周辺

メトロこうべ中央広場の愛称を投票で決定 3月末の完成時期に結果発表



阪神電鉄と神戸高速鉄道が進めている新開地駅と高速神戸駅間の地下通路メトロこうべの美装化リニューアル工事は昨年7月に着手し、順調に進捗しており、いよいよ来月に完成予定です。

その中間地点にある中央広場について、両事業者や神戸市がプロモーションも兼ねて、愛称を投票によって決定する事を発表しました。

愛称とその概要は以下です。


①メトロスクエア
メトロこうべのスクエア(広場)として定着するように。

②metro+(メトロプラス)
フランス語で地下鉄を意味する「メトロ」と広場を意味する「プラス」を組み合わせ、「プラスアルファ」の意味も込めて。

③こもれび広場
木漏れ日を感じる広場イメージをふまえて。

④メトロ・レトロ広場
昭和レトロな雰囲気が漂うエリアとメトロを掛け合わせて。

投票は以下のサイトで15日まで受付中です。

愛称投票サイトhttps://metrokobe.jp/hirobatouhyou



中央広場のリニューアル工事も着々と進行しています。広場には神戸市がストリートピアノを設置し、にぎわいが生まれる場所への転換を目指しています。
関連記事
神戸駅周辺

日本郵政が全国の保有施設20ヶ所の複合開発に乗り出す!神戸中央郵便局は開発対象とならない?神戸用地とは?

2023年9月23日
こべるん ~変化していく神戸~
日本経済新聞が報じたところ、日本郵政が全国に保有する郵便局や社員寮等、20ヶ所以上の施設について、複合施設として建て替える再開発を行 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です