三宮

フラワーロード・旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の解体撤去工事 既存建物の地上部撤去完了間近



信和不動産が取得し、解体工事を進めているフラワーロードは加納町の旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)及びエピファニービル。



旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)の姿はもうほぼありません。



エピファニービルも地上部は跡形もなく解体されました。



これらの解体された建物は比較的新しいテナントビルであり、老朽化しているとは全く言えないような物件でした。



それらの新しい建物を解体した跡地で計画される新たなプロジェクトがどのように計画されているのか。信和不動産が手掛ける開発は、基本的に自社の賃貸マンション「スプランディッド」シリーズです。



解体された建物の瓦礫の山が出来ています。



フラワーロードに沿って加納町3丁目交差点以南には共同住宅の建設は規制されるべきです。何故、神戸市は中途半端な住宅建設規制を掛けたのでしょうか。



都心機能誘導地区内且つ駅前大通りに面する土地にあった業務・商業ビルが解体されて、住宅に転換される事は、全く一連の規制が理解されておらず、またその役目を果たしていない事になりかねません。開発計画が明示されていない現況において、まだこれ以上の言及はできませんが、都心機能を促進させる計画である事を願うばかりです。

関連記事
三宮

サンセンタープラザの再開発裏側について文春オンラインで連載記事掲載 市長選2ヵ月前に出された記事は波紋を広げるか

2021年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
週刊誌の文春オンラインに三宮の中心に位置する大型商業施設「サンセンタープラザ」の再開発に向けた動きの裏側について取材をした記事を掲載 …
三宮

和田興産 琴ノ緒町3丁目計画 二宮商店街で分譲マンションプロジェクト始動 エリアの活性化には再開発が必須

2020年4月16日
こべるん ~変化していく神戸~
店主の高齢化によって廃業が相次ぎ、空洞化の進む二宮商店街を抱える琴ノ緒町周辺。以前より更地の広がりやコインパーキングの増加が目立つエリア …
三宮

大丸前スクランブル交差点前で建物内外装の工事が進む コロナ禍明けを睨んだテナント出店が加速するか!?

2021年11月9日
こべるん ~変化していく神戸~
コロナ禍の中で三宮、元町、旧居留地の路面店や飲食店が多く閉店を余儀なくされました。中には老舗や長期に渡って営業していた店舗も含まれま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です