こべるん ~変化していく神戸~
DUO神戸

デュオこうべ山の手改修工事 天井と柱の美装化が進行中



数年前に約3年を掛けて実施したJR神戸駅前南側の地下街デュオこうべ浜の手。これで一連の神戸駅前地下街のリニューアルは完了したものと思っていましたが、山の手でも改修が進行しています。



改修工事が行われているのは神戸高速鉄道の高速神戸駅との接続部から南側の地下道とサンポルタ広場に至る中途の一つ目の広場まで。



既存の天井パネルが撤去されています。



高速神戸駅・メトロこうべとデュオこうべの接続エリアには食ぱんで大人気の春夏秋冬が出店。一日3回の直送販売を行なっています。



向かいには、はなまるうどんが出店。



物販店が多い浜の手に比べて飲食店が圧倒的に多い山の手は通路が狭いせいもありますが、昼時は結構な混み合いです。



山の手は10年程前に改修し、泉の広場を廃止してサンポルタ広場として再整備しました。上階は神戸市内で最大の市バスターミナルが稼働しています。

浜の手の改修完了後、全く工事が進んでいた事に関知していなかったのですが、浜の手と山の手を結ぶJR神戸駅の真下を通る地下道の改修が実施されました。



天井パネルの美装化と照明の更新が行われ、LEDによって様々な色に変化させる演出が実施されています。



神戸駅周辺は神戸ハーバーランドウミエとタワーマンションの建設で盛り返しに成功しました。しかし今後、三宮の再開発が本格化し始めると、強力な求心力によって三宮に人の流れは吸い込まれていく可能性があります。この動きの牽制に、神戸駅北側では再開発を検討する地権者の動きさえないのでしょうか。タワーマンションを禁止する事で、唯一の開発の方向性の種も摘まれてしまうと、商業や業務系の開発は厳しいと思われます。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 摂津国人 より:

    かなりきれいになりましたね。
    サンポルタ広場は、少し手を加えれば魅力的になりそうな感じだったのでうれしいです。
    出来上がりが楽しみです。

    私も神戸駅北側から新開地・湊川にかけての再開発には賛成です。
    言うまでもなく、神戸駅はJRの新快速の停車駅ですし、新開地は私鉄4社が交わるターミナルであり、神戸でも有数の交通の要衝に当たります。
    しかも、湊川から神戸駅までメトロこうべやデュオこうべで結ばれているので回遊性もあります。
    2020年から施行される神戸市の中心街のマンション規制はハーバーランドを含む神戸駅の周辺にまで及んでいますが、新開地・湊川には及んでいません。
    神戸市の人口減少への対策として、マンション規制の範囲外である神戸駅北側から新開地・湊川でマンションを再開発していくのが上策です。
    少々古い情報ですが、神戸市内で人口が増加しているのは中央区と兵庫区のみですので、両区にまたがるこの地域にはまだ伸びしろがあります。
    新開地・湊川の辺りの人口が増加すれば、神戸駅北側のオフィス・商業地区としてのニーズも一層高まるものと考えます。
    神戸駅周辺は神戸市内でもめずらしく職住近接のトレンドに乗って成長した地域ですので、今後も大事にしていきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です