三宮

タイムズ神戸国際会館東ステーション閉鎖 隣接するパーキングも地質ボーリング調査実施済 新たな開発プロジェクト始動の兆し?



三宮・磯上通7丁目はアイング三宮パーキングの南側・西村屋 和味旬彩の東隣にあったコインパーキング「タイムズ神戸国際会館東ステーション」が閉鎖されました。既に同社ホームページの駐車場リストからも同パーキングは削除されています。

駐車場設備の撤去も完了しており、何らかの動きが出てくる気配が強まっています。



以前より好立地で高度利用が望まれる土地と思っていました。ビジネスホテル用途等にも最適なロケーションです。



昨年8月、このパーキングの南東側一部にも接し、国道2号線に面するパーキングで地質ボーリング調査が行われていました。



この土地でも何らかの開発計画が構想されているものと思われます。



隣接する二つの土地で開発が動き出す場合、これらの土地を一つに集約するという可能性が出てきます。しかし今回の土地の場合、二つの土地が接している面は非常に小さく、理想は角地にある三宮北野ビルも含めて一体的に開発を進められると良いのですが、今後、どのような展開が待っているのでしょうか。



水面下では三宮再整備、再開発や空港国際化を睨んで土地活用や取引が活発化しているようです。次の公示地価の発表時にはこれらの動きが反映される内容になっているのではないかと思われます。

関連記事
三宮

大丸前スクランブル交差点前で建物内外装の工事が進む コロナ禍明けを睨んだテナント出店が加速するか!?

2021年11月9日
こべるん ~変化していく神戸~
コロナ禍の中で三宮、元町、旧居留地の路面店や飲食店が多く閉店を余儀なくされました。中には老舗や長期に渡って営業していた店舗も含まれま …

POSTED COMMENT

  1. いかなごん より:

    せっかくの民間開発プロジェクトも土地が狭いと小粒になってしまうので是非とも土地集約化してほしい。この周辺は大企業のオフィスなどがあるのに旧居留地や三宮中央通のようにオフィスプロジェクトが出てこないのが不思議です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です