こべるん ~変化していく神戸~
八幡通4丁目計画

ザ・パークハウス神戸三宮新築工事 遂に地上躯体工事が始まる


小野八幡神社の敷地内で建設の進むザ・パークハウス神戸三宮新築工事。基礎工事から地下躯体の構築工事に移行していましたが、いよいよ地上躯体の構築にも着手し始めたようです。


現場ではラフテーレーンクレーンが稼働しています。通常はそろそろタワークレーンが登場しても良い頃なのですが、まだその兆候はありません。


1階の柱部分の鉄筋が伸びてきています。型枠も一部、見られます。


仮囲いには新たな広告が掲示されました。上層階の南側の居室からはみなと神戸海上花火大会が望める事が示されています。消防条例によって角部をカーテンウォールやダイレクトウィンドーに出来ない為、中央部を出窓仕様にしています。


近日中にはタワークレーンの組み立てが始まるのではないかと思われます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です