神戸駅周辺

JR神戸駅南側駅前広場整備工事と駅舎内の変化 ポテンシャルを活かすには南北間の回遊性を更に高めたい



JR神戸駅の南北駅前広場は再整備が計画されていますが、まず先行整備として、南側駅前広場の一部改造が来春完成を目処に進められようとしています。



工事のメインの目的はどうやらウォーターフロントと三宮を結んでいる連節バス・ポートループの運行ルートを神戸駅前に延伸させる為の受け入れ準備のようです。

連節バスの車両が長い為、これに対応できるように広場を改修します。

バスの停車場はこの広場南側が想定されているようです。



既に広場南側に沿ってあった植栽帯は撤去が進んでいます。



DUOこうべのドーム横の半円状のエリアをタクシーの待機場とし、ポートループの進行の妨げにならないよう配慮されます。



連節バスの長さは全長18m。駅前ロータリーに乗り入れるには十分にバスの回転スペースを確保しなければなりません。



ロータリーに沿って立つ上屋もハーバーランドの開業時には近未来的なデザインを誇っていましたが、現在は既に前時代的です。



神戸駅南側は北側程ではないにせよ、近未来性が上手く処理されておらず、またハーバーランドに向かう人々は基本的に地下街へと誘われるので、然程の賑わいも感じられません。



駅前広場の再整備が進むと、寧ろ北側と立場が逆転してしまう可能性もあります。



駅前広場に接続している歩道橋・ハーバーランドブリッジの改修が開始されています。南側の駅前広場の賑わいを改善するには、ハーバーランドに向かう地上動線をもっと工夫する必要があるのではないかと思います。



駅舎内の商業施設プリコ神戸は、いつの間にかエントランス周りの装いを新たにしたようです。



フレームの中に照明を埋め込み、LEDの入った施設ロゴも大きくなりました。華やかさが増した雰囲気です。



閉店したアースミュージック&エコロジーの区画跡にも新たなテナントが解禁しました。エントランス側にオープンしたのが、雑貨ブランドの「スリーフォータイム」。



奥側にオープンしたのは、アロマやハーブを取り扱う「生活の木ハーブギャラリー」。



そして遂にがんこの入ったいた北側の区画も仮囲いが設置されて、現状復帰工事が始まりました。その後、新しいテナントが入るのでしょうか。



神戸駅前はもっと発展を遂げられるポテンシャルを持ちながら、それを活かし切れていない現状があります。南北間の回遊性を高めて地上と地下双方に人が繰り出す仕掛けが必要です。

関連記事
神戸駅周辺

神戸駅前大晶ビル新築工事に伴う解体工事 月末に解体完了 新築工事へ 神戸駅北口は広場再整備以上のプランが必要

2021年6月5日
こべるん ~変化していく神戸~
村上工務店の施工で工事が進められているJR神戸駅北口前の神戸駅前大晶ビルの解体撤去。2棟の老朽化したテナントビルを解体して、東西の土 …
神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設整備運営事業 鉄骨建方を開始 JR新駅ビルデザインに良く似た複合ビルが23年5月に完成

2022年7月3日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸大学医学部附属病院を擁する神戸大学楠キャンパス。この敷地の南側の一部で神緑会館・保健管理センター楠分室の跡地を活用して、福利厚生 …
神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設が完成 1-2階のテナントフロアも開業 神明グループのテナント多数出店によるフードホールが出現

2023年6月7日
こべるん ~変化していく神戸~
6月1日に神戸大学楠キャンパス内に福利厚生施設が完成、開業しました。 県道428号線に面した角地には、神緑会館・保健管理センタ …

POSTED COMMENT

  1. ガンモ より:

    神戸駅南側にある喫煙所はいつも賑わっています。タクシー乗り場辺りや、地下街へのエスカレーター前にまで広がっていつもタバコ臭くて堪らないので辟易します。

  2. いかなごん より:

    神戸駅山側は新快速停車駅前とは思えないほど不釣り合いな景観ですね。タワマンや立派なオフィスビルが建っていてもいいのに。駅前再整備はもちろん必要ですが、キレイになったとしても、三宮に再開発が全て向かって
    いるので周辺ビルの建て替えに繋がるのは難しそうですね。タワマン解禁や駅前広場の一部を開発用地にするなど、旨味がほしいですね。30年頃に三宮再整備が一段落し、神戸空港国際化すると神戸駅前も状況が変わるといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です