ウォーターフロント

BE KOBEの新モニュメント整備 いよいよ完成! 来月公開へ しおさい公園に賑わいを創れるか?



いよいよ来月お披露目予定のBE KOBEの新しいモニュメントは周辺整備も完了し、隣接して建設が進められてきたレストラン棟と共に完成を迎えます。



まだ簡易柵で立ち入りを規制しています。またモニュメントは傷付かないように分厚いシートで保護されています。



ララシャンスKOBEと合わせて夜景が映える名所になりそうな予感がします。



周囲は半円型の広場となりました。対岸の都心に建物やモニュメントの角度を振り向けています。これらの新しい施設の整備によって閑散とするしおさい公園の来訪者をどれだけ増やす事が出来るでしょうか。



訪れる人がいなければ、ここからの眺望を守るという大義名分によって課されている高さ規制は何の意味も持ちません。るるぶやマップル、ことりっぷ等の旅行雑誌にもBE KOBEモニュメントのハシゴを神戸ツアーの定番になるように特集記事の掲載を組んで貰えるように相談すべきです

関連記事
ウォーターフロント

北公園・ポーアイしおさい公園から眺める神戸都心2022年初冬 スカイラインの拡大が進み始める

2022年1月10日
こべるん ~変化していく神戸~
約1年ぶりにポートアイランド・北公園に行ってきました。ポートアイランドから眺める都心がどのように変化しているのかを確認したかったから …

POSTED COMMENT

  1. kkbb より:

    兵庫県HPのリニューアルに伴い、県庁舎再整備構想が更新発表されています。はたして「ヴィーナステラスからの眺望景観規制」との調整はどうなるのか?https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk49/kihonkousou.html

  2. 某京都府民 より:

    このまま市政が暴走すれば、しおさい公園とヴィーナステラスの景観規制だけでは済まない可能性も十二分に考えられるのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です