ホテルシェレナ跡地

ザ・レジデンス神戸元町通+旧神戸貯金事務センター跡地

cherena28.jpg

ホテルシェレナ本館跡地で建設の進むタワーマンション「ザ・レジデンス神戸元町通」の現況です。躯体工事はすでに10階部分にまで達しています。建築面積は比較的小さなタワーなので、工事の進捗も速いですね。

cherena29.jpg

この高さになってくると周囲の建物や街並みとの融合間が出てきます。低層部は近接するファミリア本社と向かい合っても遜色ない重厚な石造の仕上げになる予定です。

cherena30.jpg

先行して開発された本館跡地西側の神戸学生会館と肩を並べる日も近いことでしょう。そしてその高さも抜き去ります。地上24階と小さなタワーですが、パース上、デザインはかなり作り込まれているので、完成が楽しみです。神戸のタワーレジデンスの設計に一石を投じることになるかもしれません。

cherena27.jpg

ゲートが開いていたので、1階部分を撮影。1階はエントランスやエレベーターホールとなります。エントランスはJ最寄のJR神戸駅にもアクセスしやすいよう南側のハーバーロード側に設置。

ハーバーランドの再生プロジェクトがこのマンションの販売の追い風になっているのではないでしょうか。

cherena26.jpg

シェレナ跡地の斜め向かいの解体中であった旧神戸貯金事務センターはもうすっかり姿を消してしまいました。

cherena25.jpg

都心立地に大きな空が生まれました。一時的にではありますが、開放感がありますね。ハーバーのビル群が一望できます。今後の跡地利用についてですが、やはり暫くは駐車場になるのでしょうか。シェレナ東館跡地のパーキングは常に満車ですし、ハーバーへのアクセスも良いので、ハーバー内駐車場から溢れた車を取り込む事も可能かと思います。もちろん永遠に駐車場では困ります。敷地面積が広いので大規模な開発が望めそうですが、やはり住宅を中心としたプロジェクトになる可能性が高いのでしょうね。住環境的にも非常に利便性が高い割りには落ち着いた佇まいもあり、ハーバーのイオン進出で大きな話題性もあるので、デベロッパーにとっては非常に魅力的な物件ではないでしょうか。本来は業務施設となるのが、エリア的にはフィットするのでしょうが、業務地区としての需要減は時代の流れです。ここはどーんっと150mのタワーレジデンスを希望します!ハーバーロード沿いにはオープンカフェなんかを併設して欲しいですが。周辺の人口増で元町商店街にも活気が出るとより望ましいですね。



関連記事
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館(第一グランドホテル西元町)・(仮称)神戸市中央区元町通6丁目計画が来年1月に始動予定

2023年4月10日
こべるん ~変化していく神戸~
元町商店街の西側入口に位置する立地で進められてきた旧ホテルシェレナ最後の建物である西館の解体工事が完了を迎えようとしています。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です