さんちか

さんちか・阪神神戸三宮駅西口地下道改修

sanchika20.jpg

阪神神戸三宮駅西口改修と合わせて神戸市らが進めてきた西口周辺の地下道再整備事業は、今年度整備地区の工事がほぼ完了しています。

sanchika18.jpg

改修対象と内容は壁、天井、柱の美装化及び案内表示の更新が主です。昨年度は西口改札前付近やそごう前に集中した改修を拡大して今年度はJR駅ビル方面までを対象地区としました。

sanchika19.jpg

LED照明を埋め込んでガラスパネルで覆った支柱はこれまでの改修と同じです。近未来感と透明感の双方を演出すると共に照明の役割も担います。

sanchika22.jpg

また今後、案内表示や広告宣伝塔の役割も必要に応じて担うものと思われます。

sanchika11.jpg

さんちかも含めて地下街・地下道の交差点や広場の天井には照明を兼ねたこうした円形の装飾パネルが採用されています。このデザインにも近未来的要素がたっぷりです。個人的には映画「エイリアン」や「インディペンデンスデイ」を思い起こさせます。

sanchika13.jpg

さんちかに接触する部分はまだパネルが開いたままになっています。柱もシートが巻かれたままになっています。全ての柱はガラスパネルに電飾付に変更されるのでしょうか。

sanchika17.jpg

さんちかと連結する天井際の壁には波を象った装飾パネルが取り付けられました。

sanchika21.jpg

全体的に明るく涼しげなイメージへと変貌を遂げつつある西口地下道。連結するさんちかは2016年に開業50周年を迎え、来年2月から10億円を投じる大改装に着手する予定です。西口地下道と同様に天井や壁面の改修、全照明のLED化等等の工事を進めます。さんちかも統一して地下道と同じイメージで改修されるのか、別路線の改修デザインを考えているのか。三宮の地下は地上に先駆けて一新が進みます。



関連記事
三宮再整備

さんちか1番街・2番街が完全売り尽くし閉店セールを開始 3月31日まで 閉館後にはリニューアル工事がいよいよ開始される予定

2022年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸最大の地下街である「さんちか」は開業から間もなく60年を迎えますが、50周年の際には耐震化工事と天井の美装化を実施するリニューアルが …
三宮

さんちかに新規出店相次ぐ 22年度には大規模改修工事に着手 三宮クロススクエアやJR新駅ビルとの連携も模索

2021年3月29日
こべるん ~変化していく神戸~
再来年度に1番街を中心とした北側で大規模な改修によるリニューアルが行われる予定の神戸最大の地下街さんちか。開業50年記念事業として進めら …

POSTED COMMENT

  1. 夢想家 より:

    先週末たまたまこの前を通って、変わりようにびっくりしました。
    かなり明るくなりましたが、結構幅が有るのでちょっとこのままでは寒々とした感じがしました。
    かといってJR駅1Fのように今流行のサイネージは、目がチカチカしてあまり好きではありません。
    できれば環境ビデオのような物を、ゆったりとしたスピードで映してもらえればと思います。
    それと熱帯魚の水槽のような物を映せば、ちょっとした駅前水族館のようになり、待ち合わせの人気スポットになるかも!

  2. しん@こべるん より:

    夢想家さん
    柱の活用案面白いですね。映像を流せるような仕掛けができればより華やかな雰囲気が出てくると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です