こべるん ~変化していく神戸~
トアロード

神戸メディテラスがまもなく閉店+神戸BAL ANNEX解体工事

zerogate01.jpg

中央幹線とトアロードの角地であり、センター街にも面した好立地で営業しているワールド所有・運営するファッションビル「神戸メディテラス」。昨年11月末にパルコに譲渡されたという電撃ニュースが飛び込んできてから早3ヶ月。しかしながらその後のメディテラスは何事もなかったように営業を続けていました。

zerogate02.jpg

しかし遂に1月28日には閉店の告知がワールドから行われました。最終営業日は3月21日を予定。閉店セールを開催中です。2005年の開業から11年。震災から10年経過時にまだ復興できていないこの角地に一風変わったデザインの建築で新しい風を神戸に吹き込もうとしたワールドの意気込みは一定の功績を残したものの、アパレル業界の構造変化に翻弄されてその幕を閉じようとしています。

zerogate03.jpg

パルコは神戸への進出の機会を随分と前から伺っていました。しかし業績が伸び悩む中、株主の森トラストとイオンの綱引きによってパルコも経営の行方を翻弄されていました。最終的にJフロントリテイリング傘下に収まった事で息を吹き返し、その後、積極的に投資を続けています。

zerogate04.jpg

神戸は商業施設の新規進出が難しい場所になってしまっています。再開発が停滞しており、一等地での新陳代謝が起こりにくく、これまでヨドバシカメラやパルコをはじめ、進出検討を表明するも実現できていない企業が多く存在します。しかし三宮・元町地区でも新たな動きが見られるようになってきており、この施設も三宮ゼロゲートとして新たな話題を呼び込むことになるでしょう。パルコ社内のプロジェクトチームがこの施設をどう活用しようしているのか。このまま活用して内装のみ改修しようという意見、一部利用+一部建替えという意見、解体&完全建替えの三つの意見が交わされているのではないかと考えられます。メディテラス閉店後には何等かの発表があるかもしれません。

bal10.jpg

そのメディテラスから南に数十メートルの場所で解体が進められている神戸BALのANNEX棟。地上2階建ての建物だったので、あっとういう間にその姿を消してしまいました。

bal09.jpg

本館が非常に目立つようになりましたね。跡地はぜひとも高度利用を期待したいところです。この一帯は2-3階の低層の建物が多く密集し、都心の表通りでありながら、低利用されていることが懸念です。



関連記事

POSTED COMMENT

  1. 黒霧 より:

    こんにちは。このメディテラスやbal周辺 神戸街並みファンの宮崎県人からすれば大いに変わってほしいエリアであります。メディテラスは三宮駅前パチスロ狭小ビルからの距離を200メートルクラスのビルを2、3棟建ててほしいです。また高層化が条例?で厳しいなら福岡三越みたいな高さはないけど軍艦みたいに横広にドンと構えているビルも良いと思います。balも元町のベガなどと合体し150メートル級のビルが建設されないかなと期待したいのですが。

  2. kingi より:

    このビルがトアウエストや乙仲通り、または旧居留地の外れ辺りに有れば
    どれほど人気の物件になったかと思うと残念です。
    センター街にはミスマッチでしたね。
    今後、どういう形状になるにせよ、
    大丸(パルコ)が利用する以上、頑張ってくれると信じています。

  3. カン より:

    しかし取り壊されるべきは、明らかにさんセンタープラザの方ですよね。
    目新しい建物が更新されていく一方、いつまでもあの廃墟のようなビルは
    永遠に姿を残していくわけで、最後は行政が対応せざるをえないのでは無いでしょうか。

    市長の舵取り能力が試されるところです。

カン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です