神戸空港

神戸空港連絡橋4車線化拡幅工事 工事完了予定・4車線化は今年8月下旬?



2025年のサブターミナルビル・エプロン拡張の完成によって国内線の発着枠上限が120便までの拡大と、国際チャーター便の対応及び2030年の国際定期便就航に備え始める神戸空港。利用者数の増大に備え、神戸空港島とポートアイランドを結ぶ神戸空港連絡橋「神戸スカイブリッジ」の4車線化拡幅工事が進行しています。



既存の片側1車車線合計2車線の運用を維持しながら、橋の東側に拡幅を行う工事が進められています。



まず第1段階として、南側の歩道を構築する盛土工事が行われました。橋の形状に合わせて勾配の付けられたスロープを造成する土木工事です。



その先は橋梁部になる為、橋桁の改造が行われています。



新しく取り付けられた橋桁です。新品なので塗装もフレッシュです。



既存の橋桁に拡張部分を接合しているようです。



盛土部分と橋梁部の境目です。



足場の組まれた橋梁拡幅部分が延々と続いていきます。



橋の上から見た先程の橋梁と盛土の境目です。柵の反対側が拡幅部分です。中央のアスファルトの色が濃い部分は以前、歩道と車道を隔てるガードレールがあった部分です。



基本的に拡幅された部分が歩道に充当されます。車両の通行する車道と異なり、荷重負担の小さい歩道は新たに接合した橋桁で十分な強度があるのでしょう。



海上から見た橋桁の拡幅部分です。



神戸空港島側も同様に拡幅が進められています。



橋梁拡幅工事は8月末までの工期を予定しています。9月以降には4車線化した神戸空港連絡橋が供用開始されるのでしょうか。



これまでの連絡橋にて2車線の運用でそこまで渋滞が激しいや混雑が著しい等の状況が生じている様子は見た事がありません。4車線化の暁には、ポートライナーの輸送力を補強し、三宮や新神戸とを結ぶBRT専用レーンの設定も考えられるでしょうか。

関連記事
神戸空港

神戸空港国際化は2030年に実現!? 18日の関西三空港懇談会で合意の見通し ゲームチェンジャーになる可能性大

2022年9月16日
こべるん ~変化していく神戸~
報道各社は、18日(日)に開催予定の関西三空港懇談会にて、神戸空港の国際化を容認・合意する見通しである事を一斉に報じました。国際化の …
神戸空港

神戸空港サブターミナル整備基本計画改定案が発表され、新ターミナルの位置変更や規模拡大及び施設の充実性向上を提示

2024年1月11日
こべるん ~変化していく神戸~
年内の着工及び来春の完成を目指している神戸空港の新ターミナルビルについて、神戸市は基本計画案の改定を受けて、この内容を発表すると共に …
神戸空港

神戸空港島のプライベートジェット関連事業者の公募を開始 サブターミナルの西に国内外のプライベートジェットの受入施設を整備

2023年6月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は、神戸空港島に国内外を含めたプライベート・ビジネスジェット専用ターミナルや駐機場等の受入対応施設を建設、運営する民間事業者の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です