ロイヤルパークホテル

神戸三宮ホテル計画 ザ ロイヤルパークキャンバス神戸三宮 エントランス周りの構築開始



足場が撤去されてその外観を薄いベールのみで覆っているザ ロイヤルパークキャンバス神戸三宮。年内の竣工が予定されているだけにほぼ外装の工事は完了し、作業の主軸は内装工事に移っています。唯一残された外装工事は1階のエントランス周りです。

1階の工事も始まりました。新たに設置された足場と養生シートに覆われています。



内部では鉄骨建方が行われた後、この躯体の外装を工事を進めている模様です。



1階のエントランスは建物本体とは独立した構造になっており、通りに飛び出た形状です。また外装はレンガ調の外壁材で覆われ、この建物のアイコンとなる部分です。



斜に構えた建物の本体に対して通りとはツライチにエントランスが構築されています。



外装の色調や質感がどのような仕上がりになってくるのか確認するのが楽しみです。神戸でホテル建築のデザイン性を高めて差別化しようとするのにはかなり骨が折れる作業が伴います。またそれをしようとすると通常よりもコストが掛かる事も懸念です。このホテルも手摺り形状やエントランスの仕上げでデザインに奥行きを与える苦心の跡が見えます。
関連記事
ロイヤルパークホテル

神戸三宮ホテル計画 ザ・ロイヤルパークキャンバス神戸三宮 ランドマーク性が高まってきた躯体

2020年4月10日
こべるん ~変化していく神戸~
鉄骨工事が完了し、躯体工事が進む神戸三宮ホテル計画。プレキャストコンクリートの庇や外壁の取付作業が進められています。だいぶ建物らしさが出 …
ロイヤルパークホテル

神戸三宮ホテル計画 ザ ロイヤルパークキャンバス神戸三宮 タワークレーン登場! いよいよ今週より鉄骨建方開始!

2020年1月14日
こべるん ~変化していく神戸~
生田新道に大林組のロゴを付けたタワークレーンが聳えています。目下、建設中の神戸阪急ビルのタワークレーンと思うかもしれませんが、新たなタワ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です