ハーバーランド

神戸ハーバーランドumieノースモール1階 AEON STYLEは改装工事による閉鎖中



街びらき30周年を迎えた神戸ハーバーランドの中核商業施設である神戸ハーバーランドumie。こちらも2013年の開業から来年で10年を迎える事になります。開業以来、数年おきにも改装やリニューアル、店舗の入れ替えを継続して、常に話題の提供を続けてきました。



次に着手した大きな改装はノースモール1階のAEON STYLE。スイーツ店や神戸ブランドの土産物ショップ、イートインコーナーとコスメ雑貨店等がフロアを占めていました。



神戸の中でも比較的、インバウンド需要を大きく享受していたのがumieでしたが、コロナの感染拡大でこれも消滅。今回、閉鎖されて改装中のノースモール1階が担っていた訪日観光客の対応も当面は不要の状況が続きそうです。



エリアは仮囲いが設置されて、完全封鎖状態に入りました。既存内装の解体と新たな売場へのリニューアル工事が進められる模様です。



次の一手として、イオンモールはこのフロアにどのような工夫を仕掛けてくるのでしょうか。このフロア面積を埋めるアパレル物販店舗を複数誘致する路線はなかなか難しいと思われますが、まだumieに不足している分野のテナントは何が考えられるでしょうか。



神戸都心から撤退した東急ハンズがumieに再出店する事は考えられるでしょうか。



開業時から営業してきたセンターストリートに面したムーミンスタンドも今月末をもって閉店予定です。



隣のクレープの老舗・ディッパーダンは営業を続けます。



地下1階奥の輸入食品売場も閉鎖されて改装が進められています。



どうやらここにコスメ雑貨店が移転するようです。輸入食品は既にカルディがありますし、知名度も集客性もそちらが上。敢えて同じタイプの店を入れておく必要はなかったのでしょう。



さてノースモール1階のリニューアルはどれくらい期間を想定しているのでしょうか。基本的に開業直前にならないと、公式発表は行わないのが通例です。求人情報等で新規出店の傾向が掴める事もありますが、これにももう少し時間を要する事でしょう。引き続き調査を進めたいところです。

関連記事
ハーバーランド

umie東アトリウム1階改修他工事 7月末に完成予定 日リニューアル後にはウッドデッキのイベント広場となる?

2022年4月29日
こべるん ~変化していく神戸~
アトリウム空間「センターストリート」の東端で進められている大規模な改修工事。にしむら珈琲店の前の運河・オープンカフェ空間一帯を封鎖し …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です