三宮

琴ノ緒町5丁目計画の鉄骨建方が完了 5階建の新築ビルはテナントビル 来年1月竣工予定

琴ノ緒町5丁目のコインパーキング跡地に建設中の新築鉄骨造のビル。鉄骨建方が開始されていましたが、既に鉄骨の躯体の殆どが組み立てられました。



鉄骨建方がほぼ完了した琴ノ緒町5丁目計画の新築ビル。用途はやはりテナントビルになる模様です。完成予定は来年1月。各フロア2区画のフロア構成です。



完成予想パースです。既にテナントの募集を開始しています。募集テナントの業種は喫茶・カフェ(軽飲食)、小売・物販、美容・健康・介護等を想定しています。立地上、1階は飲食系のテナントが適しているのではないかと思います。



1階周りの様子です。テナント区画はこの南北のスパンを使った区画と奥側の東西の奥行を使った区画に分かれています。



南角に非常階段とエレベーター等の共用エリアをまとめています。



このご時世なのですぐにテナントが埋まるという事もないでしょうが、駅から徒歩2分程度の好立地なので、再開発が進むにつれてエリアの注目度は高まっていくことになるかと思われます。



テナントの入居開始時期は2023年2月初旬を予定しています。どんなテナントが出店するのでしょうか。行列のできる人気飲食店の出店となれば是非とも訪れたいものです。



三宮再整備は着実に周辺の土地活用に影響を与え始めています。今後も低利用地の活用が進む事を期待したいと思います。
関連記事
三宮

サンセンタープラザの再開発裏側について文春オンラインで連載記事掲載 市長選2ヵ月前に出された記事は波紋を広げるか

2021年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
週刊誌の文春オンラインに三宮の中心に位置する大型商業施設「サンセンタープラザ」の再開発に向けた動きの裏側について取材をした記事を掲載 …
三宮

三宮-元町間界隈の新規開店・閉店状況 Withコロナによる回復と訪日客増で路面店の空きテナントへの出店に拍車が掛かるか?

2022年10月18日
こべるん ~変化していく神戸~
コロナ禍によって経済活動が減退し、街の活性化の大きな妨げとなってきましたが、弱毒化によって「withコロナ」化を促進できる環境が整っ …
三宮

神戸ロフトが改装前のセールを実施中 4月にリニューアルオープンを予定するが新館4階のみの営業に売場面積縮小!?

2022年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸阪急新館の1-4階で営業してきた神戸ロフト。前身のそごう神戸店が西武百貨店を擁するミレニアムリテイリングに譲渡された暁に、テコ入 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です