栄町通

栄町通4丁目計画新築工事が進行中 交差点周りの活性化推進の必要性



栄町通りと花隈線・タワーロードが交わる栄町通4丁目交差点付近で新たな建築工事が進行しています。この立地には不釣り合いな一軒家がありましたが、その跡地に鉄骨造のビルが建設されています。



5階建の小規模なビルではありますが、商業地に一軒家が立っているよりは街にとっては好ましい事かと思います。建築主はFatheR。中央区内に本社を置き、革鞄製品等を取り扱うアパレル企業で、Bajolugoというブランドで製品展開をしています。この建物は新しい本社屋という位置付けでしょうか。



ただ交差点に面する周囲はコインパーキングになっています。望ましいのは土地を集約した一体開発でした。


この栄町通4丁目交差点を巡っては建て替えも進み比較的新しい建物が並びます。


交差点の南西角地は松原ビルの跡地ですが、この土地を巡っては所有者が幾度にも渡って変わっており、都度、計画されていたプロジェクトは白紙に戻って、着工に至らずに駐車場として暫定利用が続きます。この交差点は中突堤、元町商店街、乙仲通の中継地点的な役割を担っており、有効活用されなければ景観面も含めて街の活性化に影響を与えます。ホテル建設地としての活用は考えられないでしょうか。


今回の新築ビルを囲む北西側の用地もテナントビルとしての活用が望まれます。

関連記事
栄町通

乙仲通「松本ビル」が2月末の完成目前 1-2階テナント募集中 スタイリッシュな店舗ビル 乙仲通の改修必要性

2022年2月11日
こべるん ~変化していく神戸~
乙仲通は磯上エリア、加納町、トアウェスト等の神戸の都心の裏通りの老朽化した雑居ビルを改装して開業させた物販店や飲食店が集積して発展し …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です